体作りの考え


 普段から食事は野菜多目を心掛けているが、特に夕食はほぼ野菜と鶏肉がメインになっている。仕事場で夕食を食べる時は買い置きしておいた野菜をサラダにして食べたるのが殆どだが、たまに茹で野菜にして食べる事もある。今の時期はサラダだけだと体が冷えてしまいがちになるので茹で野菜か、野菜鍋がメインだ。鶏肉はささ身か胸肉の脂分を取り除いた部分だ。これにオリーブオイルたっぷりの塩コショウか、オリーブオイルの自家製ドレッシングをかけて食べる。最近はドレッシングも少なめに野菜の味だけで食べル事もある。

 何が身体にいいとか薀蓄をたれるわけではない。好きな物ばかり食べていたら心にはいいかもしれないが、体にはよくないだろうと思う。美味しい物はたまに食べるからいいのだ。普段は節制してたまの贅沢がより一層おいしい物を引きたてるのだろう。ここでもバランスが大切だ。30代後半になってくるとより一層体のケアには気を使う。運動後のケアよりも普段からいかに身体を作っていくかが重要だと考えるようになってきた。これはトレーニングや練習ではなく、それ以前に生活から変えていこうという意味だ。

 何事も基礎から作っていくのは大変な作業だが、土台がしっかりしてこそその上があると思っている。もう30後半、まだ30後半。考え方は様々だろうが、今から身体の再構築と思って続けて行こうと思う。

 ※僕個人の意見、考えです。合わない方はスルーしてくださいネ。

 日々練成

 IMAG2110.jpg
  とある日の職場での夕食。味気ないと思ったそこのアナタ。安心してください、正常ですよ。

  
[ 2016/01/11 06:20 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

肉の温度

以前にアスリート食のサポートをしたことがあります。例えばこのお肉、ささみは65度位で火を通してあると一番おいしいです。胸肉でも身体にはすごく良くて、奥様に安い日に買い置きしておいてもらうといいかも・・・野菜は93度以上でないと繊維が壊れませんが肉は違うからご注意。ポリ袋に入れて空気を抜いて電気がまの保温で美味しくできます。スポーツをする方にお薦めです。取り上げられたときにテレビ局が面白がって栄養素の変化も調べてくれたので自信あり!
[ 2016/01/11 21:49 ] [ 編集 ]

Re: 肉の温度

> 川平 さん
 
 いつもありがとうございます。
 とても興味深いお話ですね。野菜は低温、肉は高温と思っていましたが逆なのですね。野菜は煮るより蒸すようにしています。そうすると水溶ビタミンが逃げないかな、なんて。この辺りはどうなんでしょうかね?
 ささみ、胸肉共に低温調理がいいんですね。鶏ハム的な?ポリ袋で早速やってみたいと思います。ありがとうございました!また何か栄養的なお話がありましたら、是非お聞きしたいです!
[ 2016/01/12 21:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1175-1f4ae333