焼岳&ゲレンデ練習


 22日夜にamatchさんと高山液で合流し、市内のカレー店で夕食。その後温泉宿泊施設へ。さとみんも合流して温泉後に宴会開始。今回は山スキーというより3人で遊ぼうという企画なので宴会も重要だ。楽しい時間を過ごして就寝。翌朝は6時起床でゆっくり準備して平湯から中の湯へ向かう。

 前回より着実に雪は増えて藪は大体隠れている。スタート前に外人3名パーティーが登って行った。焼岳かと聞くと、無名峰に登るのだとか。林道をショートカットして夏道から尾根へ。前回は苦労したが雪は増えて自由にルートが取れた。さとみんにamatchさんがシール登高のコツやキックターンのコツを教えながら登る。午前中は天気が持ったが午後になると風が出てきた。14時をリミットとして、森林限界から焼岳への尾根を登る。この辺から風が強くなり視界も悪くなってきた。予定時間ちょい手前でいいところだと判断して滑降開始。視界は悪いが雪質はなかなか。あっというまにトレースまで滑る。ここから少し平坦地を押し歩きして取り付きまで豊富な雪量の斜面を滑った。amatchさんは相変わらずダイナミックな滑りでかっこいい。スキーを堪能して車まで到着。

 平湯の温泉施設に到着して宴会開始。なんと前回同じ日に会ったH君とも偶然再会!まる1年ぶりで同じ場所で再開とは縁を感じます。H君を交えて楽しい宴会を過ごした。

 翌朝は全国的に荒れた天気のようだが、平湯周辺はまだ持ちそう。今日はamatch先生のスキー教室だ。僕はスキーは学生の時に修学旅行でゲレンデに行って以来、ゲレンデスキーはした事がない。独学だけでなく基礎を学ぶのは大切。
 朴の木平スキー場はスキーが上手い人が多い。特に今日は技術選とやらが開かれているので半端ない技術の滑りをしている人が多かった。amatch先生から滑りの基礎、コツ、テクニックをみっちり3時間指導してもらった。しかし-10度のスキー場ではリフトに乗っている間に身体か冷えてめちゃくちゃ寒くて心折れそうだった。12時に練習終了。その後昼食を食べて楽しい2日間は解散となった。2人ともお疲れ様でした。また遊びましょう!

 日々練成

 P1040015_201601252033479ec.jpg
      amatchさんはnewザック。モンベルランドナー40

P1040017.jpg
 ナイスポーズ!

P1040026.jpg
 さとみんとamatch

P1040029.jpg
さとみんパウダーラン

P1040034.jpg
 amatchさんのダイナミックな滑り

P1040037.jpg
 amatchパウダースプラッシュ!

 
[ 2016/01/25 06:34 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1189-5835a6fc