白山 市ノ瀬のコモチカツラ


 昨日Noza君から明日午前中ちょっと山へ行きませんかとお誘いがあり、久しぶりに僕も行きたくなったので同行する事にした。

 今回は白山山系に生えているという巨木、通称「コモチカツラ」を見に行こうという内容。僕も一度見たかったのだ。桂の木では日本最大と言われる大きさを誇るこの巨木は、林野庁が選定した「森の巨人たち百選」にも選ばれている。

 朝5時に白峰へ集合。時間通りに到着すると白山目当てと思われる車が数台止まっていた。Noza君によると数人のグループが先ほど出発していったという。
 準備してMTBに乗って出発。今日はNoza君が午後から用事があるので、ゴールは10時をリミットに設定。最初は市ノ瀬を目指す。林道は完ぺきに除雪されていた。斜面に雪は殆どなくてまるで5月のようだ。路面は乾いていて快適。久しぶりのMTB漕ぎはキツイ!汗をかきながら45分程で市ノ瀬到着。

 永井旅館裏の取りつき地点の斜面に雪は殆どない。あっても踏めば崩れて流れていく程度だ。こんなんでスキーが使えるのかと不安になったが少しツボ足で登ると何とか雪は繋がっていそうだ。
 スキーを履いてしばらく斜面を登りトラバースするが雪がカチカチで面倒だった。藪こぎもして2時間程で目当てのコモチカツラ付近に到着したがはて、どこだ。二人周辺をウロウロ探すとNoza君が発見したようだ。遠目からみると1本異様な形の木がある。そんなでかいかな?と一瞬思ったが、周囲の木も一様に大きいので錯覚を起こしていたようだ。この辺りの木はみな巨木でデカイ。

 近づいてみるとその大きさが良く分かり、生命力に満ち溢れている感が伝わってくる。白山市によると幹周15.6m、樹高43m、推定樹齢1,000年との事らしい。樹齢1000年て事は、白山が開山された時にこの木はまだ芽を出していなかったという事。改めて白山は歴史の長い山だという事が分かる。

 名残惜しいが時間もあるので早々に帰路につく。帰りは一度登り返して1380のピークから滑降開始。とはいえ雪は少ないしガリガリなので楽しめたのは300mぐらいか。後は降りるだけになってしまったが今日はスキーメインじゃないのでOK。30分かからず市ノ瀬へ到着。ここからMTBで25分程で白峰ゲートまで。10時ジャストの到着だ。Noza君お疲れ様でした。また行きましょう。

 日々練成

 
 1_20160320173941244.jpg
 春スキーお馴染みのスタイル

2_201603201739420bc.jpg
 市ノ瀬まで除雪は完璧

3_201603201739431b6.jpg
 雪少なー

4_20160320173945d92.jpg
 ありました

5_20160320173946bde.jpg
 比較画像 下にいるのがNoza君

6_2016032017401448a.jpg
 1000年の歴史。この自然がいつまでも続いて欲しいと願う。

7_20160320174015346.jpg
 帰りは一瞬


[ 2016/03/20 17:44 ] 山スキー | TB(0) | CM(2)

コモチカツラ

お疲れさん
昨年 雪の無い時期に見てきました。
少し迷いましたが、何とか会うことができました。
ネット情報の位置にかなりのずれがあるので注意ですね(笑)
[ 2016/03/20 21:42 ] [ 編集 ]

Re: コモチカツラ

> nomrun さん

 コメントありがとうございます。
 残雪期だとヤブもないのですぐ見つけられますが、夏だと道もないので厳しそうですね。
[ 2016/03/21 20:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1244-0a187d2c