フィジカルは正義


 サッカーJリーグ、J1の名古屋グランパスサポーターを長らくやっている僕だが、今年加入した外国人の2人はホームラン級に当たりだと確信している。

 特にフォワードのシモビッチ選手。198cm 93kgというとんでもない体格だ。長身選手にありがちな線の細いタイプではなく、堂々とした骨格にバランス良く豊かな筋肉、安定した下半身に柔らかなボールタッチ。そして何よりJリーグレベルの守備陣なら吹っ飛ばすフィジカル。いくら技術を磨いても通用しない力強さというのはあるのだ。その逆はあまり見かけない。こういった選手を見るたびにやはりスポーツはフィジカルだと痛感する。

 走ったり登ったりするには当然体重が軽い方が有利だと思う。しかしあえて僕はそこにフィジカルで挑んでみたい。ライトウェイトをパワーで圧倒する走りや登りをやってみたい。体重や荷物の重さをものともしない筋肉。そんな走りが僕の理想なのです。

 日々練成


 


 
[ 2016/03/23 20:48 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1247-25852650