富士写ヶ岳初め


 今シーズン初の富士写ヶ岳。
 そろそろ夏に向けた脚づくりを始めていかないと。いつまでもスキーはしていられない。というわけで近場で良いトレーニングになるお馴染みの富士写ヶ岳へ。雪不足もあって夏道が殆ど出ているようなので脚慣らしには丁度良い。今日は1往復だけしてきた。

 久しぶりの登山なので最初の急登から脚が張ってきた。イマイチ感覚が戻せず脹脛があっというまにパンパン。またつま先を使った登りが戻ってきてしまったようだ。色々修正したりしながら3分の2まで登ると残雪が出てきた。少し登りにくいが問題はない。それでも途中はスリップして膝が泥だらけになってしまった。山頂には54分で到着。シーズン初めなので良しとしよう。山頂にも雪は殆どない。同位版は修復のため取り外されているようだ。白山は残念ながらガスの中。誰もいない山頂に5分程滞在して下山。泥で滑るので慎重に降りて登りとそれほど変わらないタイムで下山した。

 シーズン初めの富士写ヶ岳はいいトレーニングになりました。夏に向けて鈍った脚を取り戻し、追い込んでいきたい。そろそろザックランも始めよう。

 日々練成

 ※ しかし我谷コース最初の鉄塔にいくまでの登山道で植物の盗掘が酷い。そこらじゅう穴だらけだ。明らかに道具を使って意図的に盗っている。あのあたりはカタクリが群生する場所なので去年あたりから盗掘の被害が目立っている。上には盗掘跡がないところをみると盗掘専門でやっているようだ。アクションカムをセンサー連動で設置しておこうと思う。
 
 zdthz.jpg
 いつもの吊り橋スタート

zdthz (3)
 ブナ林。新緑の季節が楽しみだ

zdthz (2)
 山頂。雪は殆どない。


[ 2016/03/28 18:36 ] 山、トレーニング | TB(0) | CM(2)

雪が無い!看板縦に真っ二つ!衝撃の写真あざっす^^;。開花も早いのかなぁ…早く行かねば(笑)!
カタクリ地帯の穴は毎年気になりますね。カタクリの名所じゃないからいいとでも思ってるんでしょか? 7〜8年コツコツ養分を貯めやっと花をつけ、そこに飛ぶ蜂や蝶が受粉を助け、そこを歩く蟻が種を運ぶ。野の花は、水や土だけでなくその環境全てが大事、そこに咲く理由があるのです。。 天罰くらうぞーー盗人。
[ 2016/03/29 13:19 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 後藤 さん

 いつもありがとうございます。
 看板は応急処置の繰り返しで割れてしまったみたいですね。表示板は修理中との事でした。
 カタクリは猪との情報もあったのですが、人でない事を願いますね。友人が山の植物は山にあるから美しいし、価値があるといっていました。後藤さんが仰る事もその通りだと思います。
[ 2016/03/29 23:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1252-a85dc55d