白山(山スキー 期限切れ間近)


 白峰(風嵐)ゲートが解放されて市ノ瀬まで車で入れる事になり、厳冬期からグッと近くなった白山。しかし今年は雪が少ないので春スキーの期限も短そうだ。厳冬期単独東面ときたら春スキーを楽しまねばなるまい。期限が短いならなおさらだ。

 朝4時半に家を出発して6時過ぎに六万橋ゲートに到着。ここまで車で来れるだけでもありがたい。ゲート到着と同時に2台の車が到着した。1台は釣り、もう一台はスキーのようだ。
 準備して6時半出発。MTBは修理中なので借りたミニベロで別当までヒルクライム。しかし出だしからギアトラブルで一番おおきいギアしか使えない!もう最初からダンシング全開だが半分近く押し歩きになってしまった。ここが一番疲れた。別当には40分程かかって到着。雪は全くなくてもう夏と変わりない。吊り橋を渡って夏道をブーツのまま進む。雪が全くないのでスキーは履けない。中飯場までは9割夏道だ。しかし中飯場に着いてもスキーを履けるほど雪はなく、シートラで登る。1700ぐらいでようやく雪が繋がりだしたが藪だらけでスキーだと進めないだろう。我慢してシートラ継続。1900で藪もうるさくなくなりスキー歩行が出来た。すぐそこには甚之助小屋だ。夏のテーブルが見えるくらい雪が溶けている。ふと見上げるとエコーラインへの道が雪が少なく地肌が出ている。ルートを下から定める。尾根には雪がありそうだが果たして。

 このころからガスが湧きだして時折ホワイトアウトになる。雪があれば自由に進めるがルートが限られていると視界が利かないとつらい。標高があがると雪が固い。クトーをつける。高曇りなので陽が差さず雪が緩まない。尾根へ上がる斜面も固くてきつかった。尾根へ上がると2月以来の白山が目の前に。やはり美しい。雪はだいぶ溶けたようだ。御嶽山、乗鞍も雪が少ない。風が強くなってきたのでシェルを着る。

 弥陀ヶ原を進み室堂へ。雪面はところどころ氷化している。鳥居に一礼して山頂直下左の斜面を登る。クトーを利かせないとスリップするぐらい固い。直下の急登は厳しかったが何とか山頂へ。山頂では1人写真を取っている登山者がいた。奥社にお参り。また来る事が出来ました姫様。今シーズンもよろしくお願いします。シールを剥がして滑降準備。登ってきた斜面以外滑るところはないので同じ場所からドロップ。だが固い!もうエッジを利かせるのが精いっぱい。脚ごと持って行かれそうだ。氷を滑っているようで加速度がパナイの!

 どうにか弥陀ヶ原まで滑り登りのコースをピストン。観光新道斜面は登るときにもう滑れないと判断したのだ。甚之助までくればようやく雪が緩んだ。と思ったらもう藪で修行滑走。何とか藪をくぐり1500mまで降りたがもうこの辺だろう。シートラにして下る。中飯場から夏道を下りて吊り橋へ。下りは自転車で楽ちん。工事関係者が別当までの道を補修していた。お疲れ様です。下り自転車は12分で3分の1以下だ。車に着いてお疲れ様でした。

 もうスキーは賞味期限切れだろう。我慢して滑ればいけるかもしれないがこの時期からはトレランダウンヒルの方が面白い。次来る時はトレランシューズの出番だろう。そろそろ夏の白山がやってくる。

 日々練成

 P1040255.jpg
 六万橋ゲートから出発

P1040256.jpg
 別当はすっかり雪解けして夏のよう

P1040257.jpg
 中飯場過ぎても雪は少ない

P1040258.jpg
 藪藪でシール歩行はきつい(効率が悪い)

P1040259.jpg
 ガスの合間から別山がチラリ

P1040260.jpg
 甚之助小屋も雪解け進む

P1040262.jpg
 ルートとりはこんな風に

P1040265.jpg
 尾根に上がれば白山が迎えてくれた

P1040272.jpg
 弥陀ヶ原グラウンド

P1040273.jpg
 雪に埋もれていた新しい祈祷殿もすっかり雪解け

 P1040274.jpg
 室堂はまだ雪の中

P1040276.jpg
 山頂直下より

P1040285.jpg
 山頂到着

P1040287.jpg
 下山はガスで何も見えないンゴ

P1040289.jpg
 いつもの吊り橋


 

[ 2016/04/18 18:47 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1273-0111f351