富士山大滑降


 GWの〆はamatchさんと富士山からのスキー滑降。
 前日道の駅で仮眠して朝3時に起床。気温はひと桁程でぐっすり眠れた。軽く朝食を済ませてスバルラインへ移動。4時半ぐらいに5合目に到着。平日だからか意外と車は少ない。準備して5時に駐車場をスタート。今日は晴れのち曇りで昼過ぎから雨予報だ。早目の行動を心がける。

 20分程あるいて登山道へ。雪は少なく最初は夏道を歩く。しかし富士山は小屋が多いな。しばらく高度を上げると2800mぐらいから雪が締まってきたのでアイゼンとヘルメット装着。勿論ピッケルもありますよ。3000mを越えると所々氷化しているので慎重に登る。小屋の影で適時休憩を取る。気温はプラスで問題ないが流石に風は強い。高度を上げると時々強く吹く風で冷っとする事もあった

 4時間程で山頂直下へ。流石にここからは風も強く氷化した急斜面が連続するので慎重にいく。ここから滑落したらひとたまりもないだろう。慎重に高度を上げて4時間半程で富士山火口外輪に到着。冬季の火口は大迫力だ。風も時折強く吹いてくる。山頂でamatchさんと記念写真を撮ったら滑降準備。とはいえ山頂からはガチガチに氷化しているので少しだけアイゼンのままくだってスキーを履いた。

 さあまずはamatchさんがドロップ。ファーストターンは決まって大丈夫そうだ。3500mまではカリカリなので慎重に高度を落とす。この辺りからは雪が緩んできてお待ちかねの大滑降開始。amatchさんは流石の滑りで歓声を上げている。僕も気持ち良く滑る事が出来る。天候もまずまずだ。3300mからは吉田沢にトラバースして一気に雪渓の末端まで大滑降。素晴らしい瞬間だった。このために頑張ってきたのだ。登り5時間も滑れば30分だ。
 雪の末端に到着したらスキーを脱いでザレ場を下る。駐車場まで歩いて富士山大滑降は無事成功となった。amatchさんとのGWの〆を飾るにふさわしいフィナーレだった。感無量です。amatchさんお疲れ様でした!

 amatchさんのブログへ
 
 日々練成

 1_20160507193911ec5.jpg
 登山道を行く

2_20160507193913e98.jpg
 雪が出てきた

3_20160507193914c58.jpg
 アイゼン装着

4_2016050719391658a.jpg
 アイゼンは良く利いて快適

5_20160507193917cc6.jpg
 まずまずの天気。眼下には山麓の景色が。

6_201605071939347e5.jpg
 3000mを越えても元気

7 (2)
 火口は大迫力

7_20160507193937765.jpg
 富士山火口登頂!

8_20160507193939e6b.jpg
 さあいくぜ

10_20160507193940ee4.jpg
 エントリーは急斜面
 
1462613857036_1.jpg
 amatchさんの華麗な滑りは富士山でも健在

12 (2)
 大滑降!

12_20160507193954fee.jpg
 素晴らしいロケーション

13_20160507193956ae7.jpg
 このスケール感が伝わらない!

15 (2)
 雪切れで再び歩く

1462614721735.jpg
 富士山大滑降、成功!

16_20160507194014809.jpg
 やりとげた
[ 2016/05/07 19:49 ] 特別企画 | TB(0) | CM(2)

お疲れ様!

お疲れ様です!流石みさごさんはTJAR 前にやってくれますね!凄い❗相棒の方も流石ですね!
[ 2016/05/07 21:16 ] [ 編集 ]

Re: お疲れ様!

> ひでちゃん さん

 いつもありがとうございます。
 富士山滑降自体は結構報告があるのですが、実際にやってみると凄い達成感ですね。
 amatchさんは世界のUTMB・PTLを完走した凄い方です。一緒に山に行くといつも勉強させてもらってます。
[ 2016/05/08 21:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1292-94e19bc7