連載 TJAR2016 ギア編 「ライト」


 行程の連載は一時お休みして不定期にギア編を掲載。第1回は「ライト」
 ザックと同じくらい好みが分かれるライト関係。明るさ重視で行くか、ランタイム重視か。はたまた装着感か軽さか……。巷に売られているヘッドライトではもはや定番と言われているライトを選んでおけばほぼ間違いではないと思う。ブラックダイヤモンド、ペツルは定番、最近はマイルストーンやジェントスも愛用者が多い。明るさやランタイムはほぼ頭打ちなので、ここは好みでの選択となるだろう。
 
 今回僕は2年前と変わらずSILVAのトレイルランナー2を使用。明るさはマイナーチェンジモデルで最大160lmと最新のハイエンドモデルに比べると若干低いが、暗闇、特に山中での見易さは特出している。スポットタイプではなく、異なる色温度のLEDを2つ使い、非常に広範囲を照射してくれるので、光と暗闇の境目が少なくとても見やすいのが特徴だ。電池パックが別体式になっているので前後の重量バランスが良く、滑り止めシリコンがついた幅広のバンドのおかげで長時間頭につけていても違和感はなく、走ってもズレたりしないのが素晴らしい。日本でこそあまり知名度はないが、SILVAのヘッドライトは海外で受賞歴もある優れたヘッドライトを多数作っている。TJAR2016では後方の認識灯としてSILVAのタイトも投入。北欧らしい優れたデザインとシンプルな操作。優れた視認性を持ったシグナルライトだ。これを赤と白の2種類使用した。

 サブライトとして、ゼブラライトH602Wを初めて投入。これは18650というリチウムイオン電池を使用する独創的なL型ライトだ。その最大の特徴は超口角な照射範囲と、18650のパワーを生かした高出力、長時間を両立しているところ。H602シリーズには膨大な量の点灯モードがあるが、一番使うモードの150lmで11時間と非常にランタイムが長い。ただ電池ををSILVAと共有出来ず、特殊な電池のためコンビに等で補充出来ないのが痛いところだが、18650はランタイムが長いので予備に1本で十分間に合った。(実際には1本を半分も使わなかった)
 h602wは主にロードランで使用した。照射範囲が広いので手に持って走ってもとても見やすかった。夜のロードではSILVAトレイルランナー2をストロボモードにし、バッテリーパックにSILVAタイト白を装着。H602Wを手に持って、ザックにはSILVAタイト赤で後方認識。さらにH602とタイトを組み合わせて、ハンドライトとして走った。前後にフラッシュで車両へアピール。ハンドライトで道路を照らし、夜間のロードランにはほぼ完璧なスタイルだったと思っている。

 ヘッドライトやハンドライトは個人の好みが大きく出ると思う。特に見やすさや明るさは個人の主観によっても大きく変わる。僕は夜の山中ではそれほど明るさを必要とせず、見やすさ重視としている。TJAR2016でもSILVAを使用している選手は多く見かけた。TJARでも十分使用に耐えるSILVAのライト。ライトで迷っている人はSILVAを候補にいれてもいいと思う。

 日々練成

 1_201608222231224d8.jpg
 信頼のライト達。上から SILVAトレイルランナー2 中段SILVAタイト白赤 下段 左 ペツルEライト 右 ゼブラライトH602w

2_20160822223124f65.jpg
 H602WにSILVAタイトを装着してランライトにした状態。

IMAG2479.jpg
 後方へはSILVAタイトのフラッシュモードでアピール

3_20160822223124f3d.jpg
 広範囲を照らすh602wで夜間のランニングも安心

[ 2016/08/22 06:47 ] 2016TJAR | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1388-10bbe110