連載 TJAR2016 「5日目」 ~8月11日~ その1


 8月11日
 2:00 市野瀬 入野屋

 柏木選手は一足先に出発。僕も準備して出発。思いのほか長い事滞在してしまった。しかしまだ完走ラインへの時間は十分あるし、何よりしっかりリフレッシュ出来たのが大きい。ここから南アルプスへ入る。長く長大な仙塩尾根が今回のポイントの一つだと感じていた。ここをどれだけ疲労感無くクリア出来るか。その前に何度登ったか分からない地蔵尾根が待っている。家族やスタッフの声援を受けてスタート。

 2:45 柏木集落 登山口

 ロードが思ったより長くきつかった…。気温と湿度が高くて汗が出てくる。登山口で水を補給して初めて夜の地蔵尾根へ。夜はなおさら鬱蒼とした雰囲気でなえる…。しばらく登ると前方にライトが見えた。柏木選手だろうか。と、車のライトが並走している林道を登って来る。こんな時間にここに来る車なんてあるのか?ビビってライトを消して息をひそめた。車はそのまま林道を上がっていく。しばらくして僕も歩きだす。林道交差地点で柏木選手に追い付いた。お腹がイマイチらしい。しばらく二人で進む。

 空が白んでくるといよいよ夜明け間近だ。4時頃にさっきの車で来たという登山者に会う。1800m付近まで車で来れるらしい。林道通った方が絶対楽だわと思った。急登を登り松峰小屋付近。ここから登りがきつくなる。一度ザックを下ろして小休止。行動食を食べてエネルギーを入れる。実はジェル以外の行動食をデポに入れ忘れてしまったのを駒ヶ根で気がついていた。なので駒ヶ根のコンビニでカロリーの高いスゥィーツ系のケーキをがっさり購入して持ちこんでいた。重量は重くなるが仕方ない。
 稜線へ出ると素晴らしい景色が広がっていた。先ほどの登山者の方と記念撮影。岩が多くなるといよいよ山頂も近い。一度仙丈小屋へ降りる。
 
 7:50 仙丈小屋
 先に着いた柏木選手がカレーを食べていた。やっと食べられる仙丈小屋カレー。僕は食べつくすような事はしませんよ?念願のカレーをお腹いっぱいいただいた。と、米田選手と桑山選手も追い付いてきた。僕はぶつけた左小指の血マメが痛いので処理する。
 柏木選手に続いて僕も出発。8:30、仙丈ケ岳に登頂。登山者から応援をしていただく。さあここから長大な仙塩尾根が始まる。まずは野呂川越へ…。

 001_20160825204200ab7.jpg
 仙丈カレーを食らう(TJAR2016でカレーは二回目)

002.jpg
 柏木選手も満足

003.jpg
 これから進む長大な仙塩尾根。先が見えねーよ!

 何度も通った仙塩尾根をブツブツ歌いながら進む。高曇りで日差しはそれほど強くない。思いのほか早く、11:30野呂川越を通過。ここからはいよいよ三峰岳への登り。二回目だが前回は夜間で雨というシチュエーションであまり記憶にない。先行していた吉藤選手に追い付く。米田選手と前後しながら進む。途中沢山の応援をいただいた。

 13:30 三峰岳
 江口選手が後から手を振っているのが見える。ようやくといった感じで何故か妙に疲れた。熊の平へはあまりスピードが出ずに進む。14時過ぎに熊の平到着。柏木選手と米田選手がカレーを食べていた。僕は何故かカレーに食指が動かずパンを食べる。後から来た吉藤選手はうどんを食べていた。と、ここで大西さんが登場!軽快なノリで場の雰囲気が一気に上がる。写真を撮ってもらいしばし談笑。と、ここで僕は残り時間の違和感に気がつく。あれ、前回の富士見峠18時からマイナス10時間がボーダーと思っていたが、この時間に熊の平という事は何か計算間違いをしている?ざっくり計算してもかなり余裕がある時間だ。何度か計算するがイマイチ確信が持てないので大西さんにも聞いてみる。と、間違いなくかなり余裕を持ったスケジュールだ。大西さんにはそんな時間調整なんかしてバチがあたるぞ!と突っ込まれた。かなり余裕があるという事で少し気分が軽くなる。NHKのクルーにも沢山撮影されてインタビューされた。

 ボチボチ出発。今日の目的地は三伏峠だ。その前には塩見岳がそびえている。ダメージなくこれを越えたいところだ。出来れば日没直後くらいに三伏峠に着きたいところだが厳しいかな…。

 その2へ続く
 日々練成

 004.jpg
 鉄人大西さん。明るいのはヘッドだけではありません。

005.jpg
 うどんを食べる吉藤選手。食べっぷりがまだまだだ!


 
[ 2016/08/25 20:25 ] 2016TJAR | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1392-e055683e