連載 TJAR2016 「5日目」 ~8月11日~ その2


 8月11日 
 16:25 北荒川岳

 安倍荒倉岳から新蛇抜山、北荒川岳と思いのほかサクサクと進めた。前回は雨で景色なんかなかったが、北荒川岳に着くと崩壊地を右手に見ながら塩見岳の巨大な姿が見えて感動する。雨だとドロドロになるような登山道を進みながら前回の思い出話を米田選手、柏木選手と3人でする。雨が横殴りで半泣きだったなーとみんなで笑った。今の状態とは正反対だ。

 006.jpg
 崩壊地の先にそびえる塩見岳。まだ結構あるな~。

007.jpg
 歩いて来た仙丈ケ岳方面。今日はよくこんな遠くまで来たもんだ。

 いよいよ塩見岳への登りにさしかかる。と、田中正人さんがカメラを抱えて撮影に来た。日没前に登頂出来るか微妙な時間だ。風が冷たいのでウィンドシェルを着る。この日没間際の時間が一番緊張する。暗くなると行動スピードも落ちるし、危険も増してくる。何より夜間行動は眠気も出て来て効率がすこぶる悪い。同じ夜間行動でも、夜に向かうのと夜から朝に向かうのでは全く違う。朝に向かう夜間行動は希望も持てるし時間の余裕もあるので気分も上がる。しかし夜に向かうのは前述の通りになるので、それまでに目的地に到着出来るかが、僕の様な完走目標の選手には非常に大きなポイントとなる。

 シェルを着こんでいよいよ塩見岳へ。田中正人さんはずっと僕らに先行して撮影。やっぱりすげぇわこの人。と、何となくエネルギーが切れる嫌な感じがすると思ったら案の定エネルギー切れ。突如2人に付いて行けなくなる。少し遅れ気味なのをバッチリ撮影されてしまう。カッコ悪いなぁ~。速効性の行動食を食べて何とか復活して山頂へ。

 17:50
 塩見岳山頂
 
 日没前に登頂出来た。3人で写真を撮る。さあ三伏峠まで急ごう。ここからは前回脚の痛みで苦しんだガレた下り。今回は余裕を持って下る。塩見小屋は時間切れなのでスルー。ここから三伏峠までは行動時間で3時間。夜間行動になってしまうが今日最後の3時間を頑張るしかない。まずは本谷山への登りを頑張るが途中で日没ヘッドライトオン。樹林帯の夜間行動にはSILVAトレイルランナー2の光が良く対応して見やすい。本谷山へは2時間程かかった。一度下って登り返す。この登り返しが堪えた…。眠気も出て来てキツイ登り。ピークではトレラン雑誌の方が待っていてくれて撮影してくれた。ありがとうございます。少し下ればようやく三伏峠だ。

 008_2016082520421917f.jpg
  今回は3人で登頂。まだ少し元気。

 20:30
 三伏峠小屋
 
 チェックポイントの三伏峠小屋到着。スタッフにチェックを受ける。柏木選手は水が少ないというので、米田選手と汲みにいった。isekiさんがこんなところまで応援に来てくれていた。嬉しい。スタッフから望月選手はゴール間近だと聞いてびっくりするというより呆れに近い感情…。
 山の日の祝日という事でテン場はビッシリ埋まっていた。先に張ってあるストックシェルターは佐幸選手と松浦選手かな?起こしてやろうかと思ったがそんな元気も無くスペースを探す。しかし空きなんてあるわけなく、仕方なく近くの樹林帯にそれっぽい場所を探すが、疲労、眠気、空腹感、寒さ…。色々一気に襲って来て頭が回らない。フラフラとテン場スペースを探している姿をずっとカメラに撮影されていた。こんなシーンはテレビ的に美味しいんだろうな~なんて思うがもう限界。適当なスペースにシェルターを貼って菓子パンを食べる。今日はとても疲れた…下がごつごつしていて背中が痛いがもうそんな事まで構っていられない。明日は1時起きで2時スタートだ。少しでも休みたい…。長い1日が終わった。

 つづく
 日々練成
[ 2016/08/26 06:50 ] 2016TJAR | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1393-2fed7378