連載 TJAR2016 「6日目」 8月12日 (5日+10:00~) その2


 8月11日(写真少ないです) 
 10:40
 
 エネルギー充填完了。脚のケアもOK。沢山の応援を受けて赤石岳へ向けて出発。
 赤石岳、大聖寺平へは素晴らしいロケーションで大好きな道だ。ずっとFujimakiカメラマンに撮影されながら進む。仙丈小屋以来の食事で身体中にエネルギーが行きわたっているようだ。しかしここからはぐっとペースを落とす。残り時間と(危ない)ボーダーラインを計算し、完走へ十分な時間はある。しかしアクシデントが起これば一気に危うくなる。余裕がある時こそ焦らず進まなければならない。改めて僕の目標は「完走」だという事をしっかり確認する。一歩一歩を確かめるように大聖寺平へ。江口選手に追いつくところでTJAR創始者の岩瀬さんが登場!逆走して応援してくれているという。グローブのような手で熱い握手をしてくれて気持ちも高まる。大浜で待っているよと言われて泣きそう。

 12:00
 赤石岳

 赤石岳に登頂したらすぐ赤石岳避難小屋へ。山頂よりこちらに用があるのだ。親父さんは相変わらず大歓迎してくれた。またここに来れた事を感謝する。一緒に写真を撮影(この時の写真ください!)お礼に来る事を約束して百間洞へ下る。前回は脚の痛みで本当に苦労したガレた下り。江口選手と話ながら進む。と、千原さんとお仲間が応援に来てくれた!こんなところまでありがとうございます!一緒に写真を撮る。晴れていれば本当に素晴らしい場所だ。ほどなく百間洞山の家が見えて来た。

 arfga_20160828221228fa5.jpg
 TJAR2014の選手でもある千原さんと。

 13:50
 百間洞山の家

 大人気の小屋らしく人が沢山休憩していた。桑山選手も到着。聖小屋までの時間を計算するときっちりコースタイム50%を出さないと小屋で食事をするリミットの18時には難しいかもしれない。頑張れば難しくはないが、ここは脚を温存したいところだ。食事と脚を天秤にかけて脚を選ぶ。聖小屋で食事が出来ない場合にそなえて百間洞山の家で食糧の買い出し。ここの外国製チョコレートは前回も購入して美味しかったのでリピート。オレンジジュース2本とお菓子を買う。これで茶臼小屋まで繋げるだろう。売店に並んでいる時に登山者の方に写真を撮っていただいた。その後、念を入れて足裏にプロテクトJ1を塗る。まだ効果時間内だが重ね塗りする事によって効果が出てくる。江口選手と桑山選手は一足先に出発。僕も水を汲んで後を追う。

 中盛丸山へは少しトラバースして急斜面をジグるイヤらしい道だ。と、前方からくるのはあめっちさん!北アルプスでスイーパーをやっていたはずなのにもう南アルプスにまでとは恐れ入ります。元気そうですねと言われて恐縮です。元気をもらう。

 中盛丸山と小兎、兎と3連発の中ボスを登る。友人にもらった虎の子ともいえるカフェインたっぷりジェルで兎岳登頂。思った程じゃなかった?一度コルまで下ると聖岳の赤色チャート岩盤が見えてくる。もう一発カフェインジェルを投入。オラいくぞ!と思うが、みさご@頑張らない。ペースは乱さずに一定で。中復あたりでNHKのカメラクルーが待っていた。1人なので特に何を話す事もないが、思わず「もうアルプスが終わってしまう」といった言葉が口から出て来た。本心から漏れたような言葉だったと思う。聖岳を超えればあとは基本下りだ。何となく終盤へ向かうような気持ちになり寂しさすら出てくる。長い挑戦も後2日だ。完走が見えてくると尚更そんな気持ちになるのかもしれない。
 カメラクルーが18時の食事リミットに間に合いそうですか?と聞いてくる。時間を見ると頑張らなくともしっかり50%は刻めているので頑張れば無理ではない。コースタイムが甘いのか?しかし脚をここで使うわけにはいかない、最後のロードもあるので食事は諦めるかもしれませんと答えた。
 山頂手前では2012年の北野選手のモノマネを忘れない。

 17:00
 聖岳

 誰もいない静かな山頂を踏む。ふーっと一息。カメラクルーがここから下りですねと言った。脚を使い過ぎない程度に頑張りますと告げて聖平下る。と、時計を見ると残りコースタイム1:50に対して残された時間は1時間。しかも下り。突然スイッチが入り小聖へのガレた下りを猛然と進む。何となくここは攻めるポイントだと僕のゴーストが囁いている。ならば行くしかないだろう。途中登山者の方が小屋まで間に合いますよ!と応援してくれて俄然やる気が出る。小聖あたりで江口選手に追いついた。えぐっちゃんいけるぜ!というと江口選手も間に合うよ!と元気がいい。一緒に頑張って下る。
 分岐まで来て残り時間は20分。間に合った。残り100mの木道をゆっくり歩いて聖小屋へ。小屋では米田選手、柏木選手、桑山選手が到着していた。早速小屋で食事注文。ここは食事が安くて嬉しい。カレーと中華丼大盛を注文。ペットボトルは売り切れというと、小屋の方が私物のカルピスを分けてくれた。本当にありがとうございます。
 ベンチに戻るとTJAR応援をしてくれている女性のグループに手製フラッグで盛大に応援してもらう。一緒に写真まで撮っていただく。こんな盛大な応援を受けて申し訳ないぐらい。ありがとうございます。(この方達には井川やゴールでも応援していただきました)

 19:00
 ガスが濃くなり間もなく雨がぱらついてきた。米田選手、柏木選手は畑薙まで行くという。気を付けて。握手して再開を誓う。僕はしっかり休んで後2日ペース乱さず行くだけだ。雨がぱらつく中、大混雑のテン場のスミにひっそりとシェルターを張った。化繊ダウンを着ればもう眠い。明日はゆっくり起きよう……。

 6日目へ続く
 日々練成


 


 
[ 2016/08/28 06:08 ] 2016TJAR | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1395-96da56be