連載 TJAR2016 「8日目」 8月14日最終日 (7日+3:00~) 


 3:00
 CASSO横沢 ベンチ

 大音響でなるドリカムの音楽で目覚める。お店のスピーカーから流れているようだ。最初は何事かと思った。大庭さんも当然起きている。雨が結構な勢いで降っていてげんなり。お店の方はもう起きているようだ。ベンチを使わせていただいた事を話すと快く対応してくれた。腹は減ってるか?パンなら焼けたところだ、というご主人の言葉に甘えて焼き立てのパンを購入。何という幸運か。激ウマパンを大庭さんと二人で夢中で食べる。少し明るくなってきて雨も小降りに。足を上げて寝た事で膝の腫れはすっかり良くなったという大庭さんは先に出発していった。
 寝ている時にまぶたを蚊に刺されたようで酷い事になっている。薄明るくなってきた空を見ていると雲の動きからどうやら雨は上がりそうだ。少しゆっくり準備して雨が上がるのを待つ。4:30頃に雨は気にならないレベルになったのでご主人にお礼を言って出発。横沢のバス亭に行く間にMH.TRCのKouさんが車で様子を見に来てくれた。どうやらGPSがまた動いておらず、僕の場所が分からなかったらしい。元気で進んでおります。父親も車でバス亭で待っていてくれた。小出さんに写真を撮ってもらい先へ進む。途中でプロテクトJ1の社長が応援に来てくれた。J1のおかげで足裏はノーダメージです!

 l1.jpg
l2.jpg
 途中に飾ってあった横断幕。ありがとうございます。


 麓まで降りてくるとNHKのカメラが待っていた。ずっと追いかけられる。街まで来ると流石に車も多い。玉機橋を渡ったあたりで山チャンのワコタさんが撮影。柏木選手、米田選手、江口選手、桑山選手、男澤選手は皆無事に昨日の夜ゴールしたという。事故なくゴールしたとの知らせに安堵する。後続の選手も無事井川の関門を通過しているようだ(竹内選手は井川関門時間に間に合わなかったとは後で聞いた)ずっとNHKに撮影される。安部街道を快調に走る。徐々に人工的な建物、道路になっていき、車の量もどんどん増えていく。最初のコンビニに入ってエネルギー補給。コンビニに入ると凄い違和感。エアコンとか効いてるし、整然と並んだ商品と人工的な灯りに山とは違うんだ、市街地に来たんだと実感した。とりあえず即効性のゼリー二つとポカリを飲みこみ再スタート。と、紺野さんが応援に来てくれた!調子良さそうですね、とレジェンドに言われると緊張します。沿道では多くの方が応援してくれ、擦れ違う人も手を振ってくれる。もうすぐ新東名

 車で岩瀬さんが登場。もう少しだ頑張れと言われ俄然気合いが入る。直後にあめっちさんが走って応援に…。えぇ、昨日南アにいましたよね?流石ですわ…。

 l01.jpg
yaedaさんが素晴らしい写真を撮ってくれました。

 8:50
 新静岡IC

 新静岡ICを通過してしずはた出張所の前にくると職員の方が総出で迎えてくれた。本当にありがとうございます。いよいよ市街地に入ってきた。ここから信号のストップ&ゴーがホントにきつかった。遠くにアラジンの看板が見えた。7月に来た時の約束果たせそうだ。アラジン前で雨宮選手登場!アラジンではゴールした大原選手、米田選手、アラジンのスタッフの方々が待っていてくれた。久しぶりの仲間との再開が嬉しい。と、O西さん親子が車で応援に!やっと会えましたね!力をもらって、さあもう少しで静岡駅。

 l3.jpg
 しずはた出張所にて、職員の方が総出で応援に。

l4.jpg
l5.jpg
 アラジンでの応援。雨宮選手が撮影してくれました。

l6.jpg
 市街地でO西さん親子に見送られる。

 10:00
 静岡駅
 
 ついに来た静岡駅。NHKのカメラがずっと撮影中。地下道に入り駅改札近くを通って地上へ。大浜街道へは少し道を曲がって…。やっぱりイマイチ分からないのでスマホを久々に起動して道を調べる。LINEにはとんでもない量の応援メッセージが入っていた。無事大浜街道へ入り海岸を目指す。もう道は一本道だ。この辺りから何か感情が溢れてきて涙が止まらなかった。ずっと泣いていた気がする。小野内さんが自転車で登場して写真を撮ってくれた。静岡ICを通過、交差点を過ぎ、道行く人たちから拍手を貰いながら走る。こんな素敵な時間があるのだろうか、と思えるくらいだ。

 ふと顔を上げると遠くに松林が見える…。大浜海岸だ。ずっと写真で見ていたあの松林。ここで初めて完走を確信した。その瞬間涙が止まらなくなる。交差点でしばらく泣いた。何の涙かは分からないけど、とりあえずここで出しておかないと笑顔でゴールは出来そうにない。ひとしきり泣いて海岸まで数百メートルを走る。

 l7.jpg
 あと僅か…

 10:35
 大浜海岸入口

 堤防の上に大勢の人達が見える。皆僕の名前を呼んでくれている。MH.TRCのフラッグも見えた。太平洋に向かってナイスショットポーズ。人垣から飯島委員長が出てきておめでとう、と握手してくれた。階段を登ると大勢の人から祝福される。目の前に母親が立っていてびっくりした。まさか本当に来てくれるとは。泣き顔になってしまって申し訳ない。降りる段差が思ったより大きくて、ああ、これが有名なデカイ段差なんだと冷静に思った。砂浜は足が取られて走りにくい。頭の中は真っ白だった。目の前にスタートで見た「Great Endurance」のフラッグが立っている。ふと後ろを振り返る。長い道程を少しだけ思い出した。
 10:39 大浜海岸ゴール。すぐに振り返り最大限の感謝をもって一礼した。自然と足が海へ向かう。言っとくけど飛び込みませんよ?海はアウェーなんで。砂浜を伝ってきた波に少し触れて舐めると日本海より薄い味だった。大勢の仲間が祝福してくれる。米田選手が来た。そうそう、男泣きするんだっけ。言葉はいらず二人で抱き合って泣いた。2年越しの約束を果たす事が出来た。再びフラッグの前に来ると自然と両腕を上げて歓喜のポーズ。全てが報われた瞬間だった。

 それから後はあまり覚えていない。家族と一緒に写真を撮り、色々な人と喜びを分かち合った。委員長にインタビューされたり、NHKの取材があったりと忙しく、MH.TRCのみんなや、アルプスで会って応援に来てくれた方と話が出来ずだった。O西さんから頂いた花束がとても嬉しかったな…。

 7日間10:39分、僕のTJAR2016は終わった。

 ゴール後へ続く
 日々練成

 l8.jpg
l9.jpg
l10.jpg
l11.jpg
l12.jpg
 ゴールシーン沢山。ありがとうございました。


 

[ 2016/09/02 20:23 ] 2016TJAR | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1400-cc3ca30c