TJAR2012 テレビ再放送 


 
 僕がTJARを目指すきっかけ、原点ともいえるTJAR2012の再放送(再再再?)が9月19日(月・祝)BSプレミアム 午後4:30~で放送される。今回TJAR2016のTV放送はTJAR2012に出場した選手の4年後というのがメインの切り口になるので、2012大会の事を見てみると更に楽しめると思う。DVD、書籍共に持っているが、何度見ても面白いし、自分がこの舞台に立ったというのが不思議に思えてくる。選手として大会を経験すると、放送で選手達が感じていた事、思っていたこと、行動等が本当によくわかるし、自分も同じように経験した。

 4年前にも出場していた選手は本当に尊敬する存在だ。TJARのような大変なレースに何度も挑戦する強い気持ち。それは本当に素晴らしく、そして凄まじい努力を重ねてきた結果だと思う。

 困難で難しい事を乗り越える経験する事で更に謙虚な気持ちになる。そして感謝の気持ちを忘れてはいけないと心から思う。困難や苦しい事があっても誰かが応援してくれる事で前に進める。そんな時、自分は一人ではないと感じる。決して自分だけで成し遂げたなどという傲慢な気持ちにはならない。何度も言うが、常に感謝を忘れず、謙虚に、敬意をもって生きていきたい。年を重ねてもこの気持ちだけは失いたくないと思う。

 日々錬成


[ 2016/09/11 06:52 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

大会中にヤレヤレ峠で記念撮影をしてもらったやまやです。
実はトレランなるものにあまりいい印象を持っていませんでした。
でも、選手の皆さんマナーが良くて今までの印象が変わりました。
今日の記事に感銘を受けたのでコメントさせていただきました。
山の世界もいろいろと大変で悩むことだらけです。
逃げずに困難を乗り越えていく強い気持ちを持ちたい、持たなければなりませんね。
そして、ひとりで登れるようになったわけではないから、ここまで育ててもらった人たちに感謝の気持ちを持ちたいと思いました。

完走、おめでとうございました。
[ 2016/09/12 11:51 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 南ア南部の徘徊者 さん

 ブログ訪問&コメントありがとうございます。
 TJAR2016では応援ありがとうございました。ヤレヤレ峠でお会いした事、覚えております。写真を撮っていただきましたね。応援を力に大浜海岸まで行くことが出来ました。
 確かに、昨今トレイルランナーのマナーやルールについて議論される機会が多くなったと思います。僕自身山屋の延長としてこういったスタイルをしていますので、登山者のみなさんの気持ちもとても理解できます。どちらの立場でもほんの一握りのマナー違反者によって全体が悪く見られてしまうのは悲しいことだと思います。お互いが尊敬しあい、敬意を払えばこういった摩擦は少しづつ解消していくと思います。決して傲慢にならず、誰かに支えてもらっているという感謝を忘れないようにしたいですね。
 またブログに遊びにきてください。お待ちしております。
[ 2016/09/12 18:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1409-8a2b54ed