TJAR2016 装備編 「防寒着」


 TJARレギュレーションで必須の「防寒着」
 ビバークではもちろん、行動中でも必要になってくる重要な装備の一つ。前回は薄手のダウンを持って行ったが、やはり濡れを気にして積極的に使えなかったのが正直なところだ。化繊ダウンも様々なメーカーから出ているが、いかんせん高い!同じ重量ならダウンより高いってなわけで購入には二の足を踏んでいた。だが前回の風雨の中での行動を経験するとやはり化繊ダウンは必須。仲間のamatchさんに相談すると、彼はモンベルのULサーマラップパーカを愛用しているとの事だった。なるほどモンベルですか。一度試着させてもらったが温かさや軽さ、そして製品の作りも大変よろしい。何より1万円を切る驚きの価格…。早速公式アウトレットで購入した。

 ULサーマラップパーカは品薄商法でもしているんじゃないかと思うくらい公式通販からどんどん消えて行く。色々情報を集めるとかなり評価が高いらしいが、実際にTJAR2016で着てみると納得だった。大会中に寝る時は汗でぬれたウェアを脱いで乾いたキャプリーン2とサーマラップパーカを着るととても快適で温かく、ぐっすりと質の高い睡眠を取る事ができた。フードがついているのですっぽりかぶってヴィヴィに入ると温かい空気が首回りから逃げず、温かさが長続きする。TJAR2016では市野瀬を除きビバークは6回(!)どれも晴天だったという条件はあるが、濡れを気にしない防寒着のおかげで快適な睡眠を取る事ができ、次の日の行動に繋げる事ができた。
 袖口や脇にはニット素材で伸縮性、通気性にすぐれ、肘や背中は立体裁断&ストレッチ素材を採用して行動中に着てもストレスが少ない用設計されている。フードはヘルメットの上からでもOK。これなら冬山での行動着としても使えるだろう。

 化繊ダウンでは他にもファイントラックのポリゴンシリーズ等もある。どれを使うかは個人の判断だが、モンベルのULサーマラップパーカは数ある化繊ダウンの中でも総合力は高いと思う。何より安い。行動着としても使えるサーマラップパーカ。おすすめです。

 日々練成
 k_1101436_prbl_201609132007510a8.jpg
  化繊ダウンは汎用性が高い。1着持っていると何かと重宝します。
[ 2016/09/13 20:09 ] 2016TJAR | TB(0) | CM(4)

みさごさま

完走おめでとうございます。
随分遅くなりましたが、ちょっとここのところ余裕がなくて・・・

今回の2016は1日何度も位置確認して応援させて頂いていました。
例年ですと望月選手くらいしか知らないのですが、今年は随分と楽しめました。

装備の記事は大変参考になります。
これからもがんばってください。


[ 2016/09/13 23:19 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> luna-luna さん

 コメントありがとうございます。
 おかげ様で無事完走できました。応援ありがとうございました。
 たいした情報ではありませんが、何かの参考になれば嬉しいです。
 いつもブログ楽しみにしております。
 
[ 2016/09/14 19:38 ] [ 編集 ]

サーマラップシリーズ便利ですよね。
化繊シャツ、フリース、サーマラップ、ゴアジャケットで厳冬期の北海道スキー場@-15℃でも快適に過ごせますし、バックカントリー時の汗冷えも少なくていい感じです。

個人的にいいなと思ったのはダウンブランケットですね。100g程度と軽量コンパクトですが、停滞時や就寝時に寒い箇所に巻いておくとより快適になるのでおすすめです。
[ 2016/09/15 10:27 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 白石 さん

 訪問&コメントありがとうございます。
 モンベルの化繊は保温性も高くて嵩張らず、本当に便利ですね。北海道のスキー場でも快適とは!
 ダウンブランケットはTJARでシュラフの代わりに投入しようか本当に悩みました。簡易シュラフにもなるあの構造は見逃せないので、今後たぶん買うと思います。情報ありがとうございます。
[ 2016/09/15 19:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1411-7d65254d