登山の運動整理学とトレーニング学


 鹿屋体育大学の山本教授が執筆した「登山の運動生理学とトレーニング学」が発刊された。全ての登山者おける安全、快適な登山と、トレーニング方法を膨大に蓄積されたデータを基に詳しく解説してある。単なるトレーニングのための参考書ではなく、安全に登山をするために必要な疲労や身体のトラブルに対する対処法、身体の仕組みも丁寧に説明されている。分かっているようで詳しくはわからなかった事なども目からウロコ状態で読む事が出来る。
 中段でTJARに関する、極限状態での身体のメカニズムなども解説してあり、とても興味深い。実は本当に微力ながらデータの提供もさせていただきました。この素晴らしい本に僅かでも貢献出来たと思うと誇らしい。

 今から登山を始める人も、エキスパートも、全ての登山者に送る必読書であると思います。

 日々錬成

 IMAG2831.jpg
   登山愛好者をより充実した山歩きへと導く必読の書。
[ 2016/12/28 06:00 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1517-4c28b8a0