フェイスガード?


 ずっと買おうかどうか迷っていた冬山用のバラクラバ。いわゆる目出し帽というやつだ。使いどころが難しく、これといった決定版もないので最後の最後まで迷っていた。
 
 冬山で登りの時は口元を覆ってしまうと呼吸が苦しく、呼気に含まれる水蒸気が結露して口元がバキバキに凍ってしまう。バラクラバの僅かな呼吸口だと凍った水蒸気が呼吸口を塞いでしまい呼吸できなくなってしまう。正直口元はアウターウェアの襟部分で覆われているのでそれほど寒さを感じる事は少ない。悪天候時にゴーグルをすると、やはり鼻と頬が一番外気に晒されてしまう。ここさえ覆えれば呼吸が苦しいこともないし、口元が凍ることも無い。当然製品でそんなものはないので、どうにか出来ないかと考えていたが、MTBやBMXで使用するゴーグルについているノーズガードをヒントに解決法が見つかりそうな感じだ。

 滑る時はそれほど呼吸を気にすることはないので顔全体を覆えるバラクラバでも問題はない。登りで呼吸も楽で鼻と頬をガードしてくれるゴーグルと併用出来るオプションがあれば風が強い場合でも凍傷のリスクを減らせる。安いフェイスマスクを改造してどうにかできないかやってみる価値はありそうだ。

 日々練成

 X001-Y001.jpg
  これなら鼻眼鏡をする必要もないかな?
[ 2017/01/19 06:02 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1539-5eb1e3af