道具の管理


 先日のスキー教室の時のこと。今シーズン、板のワックスはまだかけておらず、先シーズン終了の時にかけたままの状態だった。流石にまずいかなと思ったが、ゲレンデの圧雪したバーンならどんな板でも大丈夫だろうと思っていた。午前中はなんともなかったが午後から雪が降り出し、結構な勢いで新雪が積もっていく。そんな状態になるとワックスの効いていないソールは水分を多く含んだ雪が張付きだし、特に滑り始めにブレーキがかかってしまうことが何度かあった。これが山の中だったら大変だ。板には雪がダンゴになって滑るどころか歩く事も困難になっただろう。基本中の基本、ワックスをかけるという行為がどれだけ大切かゲレンデで教わるとは…。道具の管理に対して少し緩慢になっていた。道具は選んで使うだけでなくしっかり管理してこそ能力を発揮してくれるということを再認識。いい勉強になりました。これからも気をつけます。

 日々練成
[ 2017/01/25 06:06 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1545-c14e03f7