銀杏峯 (BCスキー ソロ)


 晴天の予報に休日出勤なんかしていられない。
 一度晴天の銀杏峯へ登ってみたかったので朝6時に家を出て大野市へ向かう。7時過ぎに駐車場着。いつもならしたの道路脇に停めるのだが、夏の駐車場まで除雪がされていて入る事が出来た。ありがたい。すでに数台の車が停まっている。何人かのグループも出発準備中。僕も準備して出発。

 尾根末端からダイレクトに取り付きスキーを履く。今日は気温上昇で生コン雪は覚悟だ。程よく冷えた雪面はクラスト気味だがおもったより固くなく歩きやすい。昨日のものだろうか、無数のトレースがある。30分ほどで夏道の登山道へ合流し尾根伝いに登る。先行した2人組みに追いつくと僕の事をご存知でした。少しお話して先行させてもらう。

 前山はトラバースして登り返しなしで。谷は日陰で雪は軽く生きていた。思わず飛び込みたくなる。1200ぐらいからは雪も締まってきてうっすらと新雪が出てきた。2時間ほどで極楽坂まで。山頂は平らでガスのときは危険だが晴天だと見晴らしもいい。2時間半で山頂到着。白山や大野市街も見渡せる。部子山方面から一人登山者がやってきた。縦走するつもりだったがやめてひきかえしたとのこと。少し話しをする。

 少しくだって滑降準備。志目木谷はよだれが出そうなバーンになっているが、今日はソロなので谷は避ける。我慢して尾根ピストンだ。それでも登山道を外れれば重パウダーながら楽しめる。途中登山者グループとすれ違い挨拶を。前山トラバース下まではスキーを楽しめた。800を過ぎると流石に重くなってくる。我慢の滑りで下って駐車場まで。3時間半でミッションコンプリート。
 
 ようやく晴れた銀杏峯に登る事が出来て満足。次は是非谷を滑ってみたい。

 日々練成

P1040666.jpg
 取り付いた尾根末端。無数のトレースが。

P1040668.jpg
 雪の脱皮?

P1040670.jpg
 仁王の松

P1040676.jpg
 標高が上がってくると良い雰囲気

P1040677.jpg
 差し込む太陽が綺麗だ

P1040679.jpg
 滑りたーい…

P1040681.jpg
 山頂へ続く稜線。こちらも冬季コース

P1040683.jpg
 山頂到着

P1040684.jpg
 左奥に白山。右奥は荒島岳

P1040685.jpg
 中央は部子山

P1040689.jpg
 鳥の羽のようになったお社。お参りしました。

P1040690.jpg
 飛行機雲が消えていく。晴天は続く?(観望天気)

P1040693.jpg
 30分程で下山。お疲れ様でした。
[ 2017/02/16 15:41 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1567-89936d02