三方崩山 BCスキーツアー(詳細)


 槍ヶ岳のあとは平湯に移動して温泉施設で、1年ぶりに再会のほーらい君と、偶然隣で一緒になったグループと宴会。楽しすぎて飲みすぎた…

 槍ヶ岳の翌日は場所を移動して、初めましてのYKRさんとHIRO君とあまつち4人で白川郷エリアの三方崩山へBCツアー。道の駅で合流し、林道入り口へ移動してスタート。天気は良すぎるくらいで出だしからアンダーシャツ一枚だ。

 YKRさんとHIRO君はBCスキーは2回目だがそんな事を感じさせない体力。しかし今日は標高差1200m一発の登りなので頑張って登ってもらおう。林道終わりからデブリが頻発していて時々トラバース。弓ヶ洞谷をつめて左股合流ポイントでは滝が出ていてちょっときわどいトラバースもあったがおおむね危険箇所はなくひたすらハイクアップだ。

 暑い気温に容赦ない日差しで体力が削られる。しかし適宜休憩を挟みながらの登りで2人も頑張ってくれた。樹林帯ではないので対岸の景色が良い。目的のコルまであと200mが遠い。HIRO君は最後は根性の登りで全員無事コルへ到達。白山の大展望を楽しみ、少し小休止したらいよいよショータイム。

 先ずは僕がドロップ。最初はモナカ気味だったので北側斜面へ少し移動するとそこそこ柔らかい雪で楽しい。YKRさんとHIRO君もガンガン滑ってくる。あまつちは華麗なるテレマークターンだ。どんどん標高を落としていくと下部は快適ザラメで思い思いのラインを描く。1050あたりからそろそろ尾根をトラバースして反対の沢へ。弓ヶ洞谷右岸を滑って最後は快適ファミリーゲレンデを楽しみ国道まで。ほぼ車to車の素晴らしいコースだった。時期がばっちりなら大滑降も楽しめる。初の2人も楽しんでもらえたようでよかった。またいきましょう!

 日々練成

あ1
 天気ばっちり。

あ2
 徐々に標高が上がっていく。

あ3
 目指すは正面のコル。YKRさんと一本のトレース

あ4
 大斜面をハイクアップ。がんばー

あ5
 今日のバーンに感謝の祈り

あ6
 目的のコルにて集合写真

あ7
 YKRさん決まってる!

あ8
 HIRO君も落ちていく

あ9
 あまつちの華麗なるテレマークターン(見えない)

あ10
 を疲れ様でした!

 
[ 2017/03/07 20:20 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1586-33ce5195