乗鞍山系十石山 BCスキー 詳細


 20日 金沢市内でTさん、Nさん、Uさん、Yさんと合流し、UさんのD-BOYで一路乗鞍方面へ。平湯から白骨温泉へ向かう。温泉ではKさんと合流し計6名で白骨温泉除雪終了地点からスタート。
 
 僕以外皆さんテレマーカーだ。テレマーカー独特(?)の楽しげな雰囲気に初めましての緊張が緩む。早朝の冷え込みでいきなりのカリカリ斜面が核心部だったがどうにか突破。1450付近のコルにでたらあとはひたすら尾根を1000mのハイクアップだ。日差しは強いがカラマツの樹林帯でそれほど暑くはない。雪も激モナカにはならずにいてくれそう?ボチボチ高度を上げ、1800辺りで先行者の2人に追いついてトレースのお礼。急な尾根を登り、適当に休憩を挟みながら進む。

 2200ぐらいから徐々に疎林になってきていい雰囲気。足元はシールに団子がはりつき苦労する。それでも右手に笠と穂高、左手に乗鞍の展望が見え始めるとテンションも上がる。ラスト150mを頑張って十石山山頂に到着。約4時間弱のハイクアップだった。

 山頂は快晴無風。穂高連峰と乗鞍の大展望、そして遠く白山も見える。絶景を見ながら昼食タイム。僕は犯罪的カロリーのドーナツを楽しんだ。
 山頂をひとしきり堪能したらいよいよ滑走タイム。山頂直下の十石峠小屋からドロップイン。雪は適度に締まっていてテンポの良いターンで耳からカツゲンが漏れる至福の時間(1分)。標高差150mの滑降を楽しんだらあとは疎林の斜面と樹林帯尾根を修行滑降。重く、モナカチックな雪質にテレマーカーの皆さんは苦労するようだ。それでもツリーランを楽しみ、最後は急斜面を転げるように降りてどうにか1450のコルまで到達。後は林道を滑って無事車まで。合計6時間の楽しい時間でした。

 みなさん初めての顔合わせだったがとても明るい方ばかりで楽しかった。テレマークやスキー、色々な山の話が聞けて山スキーの世界がとても広がったと感じることが出来た。色々な方と交流してこそ世界が広がる。この出会いを大切にしていきたい。

 みなさんありがとうございました。またよろしくお願いします!

 日々練成


1_20170321200702a62.jpg
 平湯料金所では笠ヶ岳がドーン

2_2017032120070368b.jpg
 林道除雪終了点からスタート

3_20170321200705fe4.jpg
 カラマツとシラビソの樹林帯を登る

4_20170321200706a05.jpg
 JOJOに疎林に

5_2017032120070825a.jpg
 標高が上がると穂高連峰が右手に見えてくる

6_20170321200720e89.jpg
 山頂では乗鞍岳の大展望

7_20170321200721f2f.jpg
 笠と穂高も素晴らしい

IMAG3162.jpg
 恒例 乗鞍に祈る

9_20170321200723cbd.jpg
 山頂直下の十石峠小屋 是非泊まってみたい

10_201703212007248a0.jpg
 大斜面に刻まれる美しいシュプール
 
11_20170321200726b63.jpg
 華麗なテレマークターン

12_20170321200732ed7.jpg
 下山。お疲れ様でした!
[ 2017/03/21 20:15 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1600-d116d0f6