越前甲 (BCスキー、ボード)with後輩君


 以前からBCに興味をもっている後輩君とタイミングが合ったので近場で手頃なBCエリアである越前甲へ行くことに。前日後輩君は仕事明けだったので9時過ぎくらいに待ち合わせ予定。しかし仕事終業直前に仕事が入り1時間半遅れで10時半に合流。11時半にスタート地点に到着した。

 通常なら林道途中で除雪も終了しておりシール歩行を開始するのだが、県境を貫く道路の延長工事をしているようで工事車両用に除雪がされていた。少し先まで車が入れるのはありがたいが、その先は除雪された道を歩かなくてはならない。ということは帰りもスキーは使えず歩きだ。良いのか悪いのか…。

 気温は10度と暑い。後輩君は僕のスノーシュー。ゲレンデ用のボードを背負うと重いだろう。頑張って標高差700mを登るのだ。
 スタートは12時。出だしから少し林道を歩き、工事終点から取り付く。雪は緩んでトラバースは崩れてあるきづらい。初めての雪山ハイクとなる後輩君は足元も定まらず大苦戦。だが流石の体力で急登も頑張って登っていた。
 12時半に750の台地に到着。先行していたTaroさんが滑ってきた。融雪による雪崩が頻発しているとのこと。コースの状況を丁寧に教えてくれた。ありがとうございます。写真を撮っていただいた。
 小休止して尾根を乗り上げ大日峠までのトラバース。思ったよりいやな感じでなくてクリア。時間がなければ峠までと思っていたが、リミットの14時まではまだ30分以上あるので予定通り北斜面を登って稜線からドロップする事にする。
 斜度が増すが、斜面は締まっていて歩きやすい。後輩君脚が攣りそうだがラスト250mを頑張って登る。

 14時リミット丁度に1150mの稜線到着。天気は上々。風もなくナイスコンディションだ。小休止したら早速滑降準備。特に危険箇所はないが、一通りの説明をして先ずは僕がドロップ。ナイスザラメでしっかり板が走る。50m程落として後輩君に合図を送る。初BC滑降の後輩君。歓声を上げながらナイスターン。流石普段はゲレンデシーズン券でガンガン滑っているだけあって不安はない。何度か交代で滑ってあっという間に峠まで。後輩君脳みそ痺れる快感だったようです。

 峠からは消化試合。トラバースを過ぎて750台地まで。ここで大休止。超久しぶりのガスバーナーを出してお湯を沸かしてラーメンタイム。冬山でラーメンなんて何年ぶりだろうか。最初は楽しくないと後が続かないのでゆるふわBCくらいが丁度よいと思う。
 ひとしきり堪能したらさあラストの滑り。トラバースから尾根下までを滑る。さすがに雪が緩みすぎてイマイチだったが無事取り付きまで到着した。ここから500mほど林道を歩いてフィニッシュ。予定通りの行程をばっちり時間通りにクリア!お疲れ様でした。後輩君はとても楽しんでくれたようでよかった。今シーズンもう一度はいきたいね!

 日々練成

1_201703291909511e2.jpg
 初のBCスタート!

2_201703291909535c8.jpg
 雪はたっぷり

3_20170329190953f3c.jpg
 初スノーシュー。家で練習してきたらしい

4_201703291909556b5.jpg
 先行していたTaroさんに撮っていただきました。ありがとうございます!

5_20170329190956db3.jpg
 大迫力の鎧壁。右端のコルから裏の斜面へ登ります。

6_20170329191005e98.jpg
 核心部と思っていたトラバースはそれほど嫌な感じではなかった(デブリは多数)

7_20170329191006825.jpg
 ヘロヘロだが気合いれていくぜ!

8_201703291910086b7.jpg
 あの稜線へ

9_201703291910098b6.jpg
 ラストの急登ガンバ(奥は加賀大日)

10_20170329191011030.jpg
 ついたぜYeah!! 白山は少しかすんでいた。

11_20170329191019da4.jpg
12_20170329191021abb.jpg
13_20170329191022783.jpg
 初BCボード ナイスザラメでナイスターン!

14_2017032919102449a.jpg
 ハッピーなツアーは山ラーメンで〆


 

 
[ 2017/03/29 19:18 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1608-500f9ca8