引退ということ


 フィギュアスケートの浅田真央選手が突然の引退発表。まだまだ現役でトップの選手と思っていただけに残念だ。と同時にトップ選手にしか分からない苦しさもあったのだろう。残念ではあるが、感動をありがとう。お疲れ様といいたい。

 浅田選手といえばやはりソチオリンピックで、ショートプログラムでミスしてしまった後、フリープログラムでの魂の演技。採点の付け方なんかは良くわからないが、見ていた人達の魂を揺さぶるような演技は今でも感動して涙が浮かんでしまう。その後は一度休養し、再び競技に復帰したが怪我の影響もあり良い結果は残せなかったようだ。そして今回の引退となった。

 競技選手が引退、という言葉を使えるのは極一部のトップ選手や、人気のある選手だけだととあるプロスポーツ選手から聞いた。殆どの選手は引退という文字に飾られることなく、ひっそりと現役を退いていくのだという。いつのまにか見なくなり、違う職業に就いているという元選手も多い。

 スポーツ選手にとって引退とは、文字通り現役を退くだけでなく、現役時代に結果を残してきたからこそ使える有終の美なのかもしれない。現役をやめるという言葉と同じかもしれないが、その中身は大きく違うのだろう。

 浅田選手(元)も素人目に見ればまだまだ活躍出来ると思っていたが、本人の中では納得いくパフォーマンスができなかったのかもしれない。まだ活躍出来そうだが、やはり自分が納得できないのであれば現役を引退するのも一つの道であろう。

 惜しまれつつも競技選手としての活動を終える。まだまだやれるのに、という声が聞こえる内に引退するのが良しなのか。肉体、精神のギリギリまで現役にしがみつくのが良しなのかは分からない。それは競技選手という厳しい世界を戦っている人達にしかわからない。

 僕は趣味程度で楽しんでいるので、生涯現役でいたいとも考えているし、その年齢に応じての楽しみ方を見つけたいとも思っている。趣味を引退するなんて考えもしないが、願わくば一生趣味は現役でいたいと考えている。

 日々錬成


 
[ 2017/04/11 06:18 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1621-c4d7bada