取立山(山スキー)


 前回越前甲でBCデビューした後輩君と取立山へ。もう賞味期限ぎりぎりなので雪は繋がっているかな?
 
 仕事明けの後輩とコンビニで合流。勝山市から県境付近の東山いこいの森へ向かう。林道は登山BOX直下まで除雪されていた。車数台がすでに停まっていたので僕達も早速準備して10:30出発。
 出だしから雪は繋がっていて積雪十分かと思いきや、藪がなかなかうるさくて難儀する。急登部分はあえて直登したが素直に登山道を歩けばよかった。後輩君はスノーシューでの登りがなかなかうまくなっていてセンスが光る。山向きな歩きが出来るようだ。急斜面ではぎりぎりに繋がっている雪を何とか繋げて稜線まえの広場へ。ここまでくれば積雪も多くどこでも歩ける。展望もまずまずでテンションも上がる。ひと登りすれば稜線だ。

 稜線では白山も見えて良い雰囲気。1時間半ほどで山頂到着。丁度お昼なのでお湯を沸かしてカップ麺タイム。白山の大展望を見ながらの食事は流石美味い。こういうのが贅沢な時間ですね。
 ひとしきり休憩したら滑降タイム。本来なら北東斜面を何本か滑ろうと思ったがすでに賞味期限切れでAUTO。仕方ないのでピストンする。細い稜線を滑りおりて一瞬だが良い斜度の斜面を楽しむ。お楽しみは一瞬だった・。あとは消化試合と思いきや、登山道脇に良い斜面があり思わず飛び込んでしまった。ここから斜面を楽しみどんどん高度を落としてしまい大滝付近で行き詰ってしまった。仕方ないので少しだけ上り返し、滝横から登山道へ復帰。だが駐車場はすでに上。こんなこともあるさと林道を歩いて駐車場まで戻った。

 賞味期限切れ寸前だったがまずまず楽しめた。後輩君は道具を揃えて来シーズンは是非本格的にデビューして欲しい。その前に夏山で体力練成も忘れずに!

 日々練成

IMAG3252.jpg
 出だしはどうにか雪は繋がっていた

IMAG3253.jpg
 賞味期限切れで崩れやすい斜面をうまく登っていく

IMAG3257.jpg
 徐々に開けてくる。高度が上がれば雪は多い

IMAG3259.jpg
 取立山山頂。白山の展望が素晴らしい

IMAG3258.jpg
 今日はチリトマト

IMAG3261.jpg
 滑降はこの瞬間だけ楽しかった

 
[ 2017/04/14 19:34 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1624-b650f59e