さくら道国際ネイチャーラン 応援 その終

 五箇山からは急登を超えて長いトンネルへ。この手前でMH.TRCのしょももさんとueta君も選手達を応援してくれていた。雨宮選手も復活してきたようで足取りもしっかり走っていた。数々の超長距離大会を走り、日本代表でもある青谷さんも元気に走っている。(数度道に迷ったらしいが)

 五箇山トンネルと超えると難所はほぼなし。ここのエイドでは残り42kmの表示があり、選手達は走りなれたフルマラソンの距離をみて「あとフル1本か!」と元気を出していた。下り基調の道を走り、ラスト27km地点の福光エイドでは最後の大型エイドともあって、しっかり補給をする選手も多い。この先で先行していた西川選手をキャッチ。なかなかタイミングが合わず応援できなかったことを詫びた。西川選手は足袋ランナーで、250kmの道のりを足袋で走りぬいた兵だ。

 金沢市内は車を停められないので、少し離れた駐車場に車を停めて渡部君と兼六園のゴールで待機する。MH.TRCのmaruiさんも応援に来てくれた。続々とランナーがゴールしてくる。250kmを走りぬいた選手達のゴールは見ていてとても感動する。疲労困憊の選手、涙を流す選手、喜びで声をあげる選手…。ゴールシーンはやはりいいものだ。

 ゴール予想時間に雨宮選手が現れた。色々トラブルもあったがやはり最後はスマイルでゴール。すぐにありがとうございましたと言っていたのが印象的だった。感謝の言葉を口にできるのは素晴らしい。応援してくれた知り合いの方も多く駆け付け、みんなで記念撮影。2日間にわたる応援ツアーもこれで終了。

 選ばれたランナーの出場するさくら道はとても質の高い大会だった。選手の振る舞いもとても謙虚で、志高く走っている印象が強かった。自分が走ることはないと思うけど、こういった質の高い大会が長く続いてほしいと思った。参加されたすべての選手のみなさんお疲れ様でした。今年も太平洋から日本海まで素晴らしい桜のトンネルが咲きました。来年も桜が咲くのを楽しみにしています。

 日々連成

IMAG3323.jpg
 長いトンネルを抜ければあとはフルマラソン1回分

IMAG3319.jpg
 かなり先を先行していた西川選手。とても元気だった。

IMAG3327.jpg
 福光エイド到着。ここまでくればもらったようなもんだ

IMAG3329.jpg
 選手を待つゴール

IMAG3335.jpg
 青谷さんも念願のゴール!

IMAG3339.jpg
 超えるのは最後のさくら坂

1492993056336.jpg
 ゴールおめでとう!
[ 2017/04/27 21:54 ] 大会、レース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1638-17887b72