白馬鑓温泉 (BCツアー) 今シーズン山スキーの〆は温泉で


 今シーズンの総括として白馬鑓温泉へ。メンバーはAmatch、Noza、N君だ(N君とは初めまして)
 朝4時前にNozaと集合して白馬へ向かう。GWも最終日となれば渋滞もないだろう。予定より30分早く白馬に到着。猿倉には12,3台の車が停まっていた。ほどなくAmatch、N君も到着。準備して猿倉山荘の裏手から取り付く。雪は多くルート取りは難しくない。

 先ずは小日向のコルへ600m弱の登り。天気も上々、暑いくらいの気温の中、4人で楽しく登る。1時間半ほどでコルに到着。正面の沢に鑓温泉から流れ出たお湯で溶けた場所が。あれが目的地だ。ここから一度200mほど高度を落とす。一昨年夏に来たとき(鑓温泉からの下り)ではもっと急峻の巻き道だった記憶だが、雪に覆われてどこもなだらかな斜面だ。快適なザラメを楽しんで1650ぐらいから再びシールで登る。標高差は500ぐらい。5人ほどのスキーヤーが先行しているようだ。心地よい風に癒されながら楽しく登り、あっという間に温泉到着。
 
 温泉は湯船がばっちりでていて、湯量も豊富だ。ここで入ってしまってもいいけど、目の前には極上のバーン。せっかく温泉は後のお楽しみとして、200mほど登って滑りを楽しむ事にした。左手の尾根上まで登り滑降開始。
 適度に緩んだ雪面は思ったより面ツル気味でとても楽しめた。斜面にシュプールを刻んだところで温泉に戻りお楽しみタイム。
 流石に熱いので雪の塊を放り込み温度調整。雪塊を浮かべた傍に入れば適温で最高だ。4人そろって記念撮影。流れ出たお湯でも打たせ湯(?)を楽しんだり、とっておきのサッポロクラシック富良野ヴィンテージも楽しんだ。
 
 一通り温泉を楽しんだら再びスキータイム。これまた極上バーンをみんな思い思いみ楽しむ。写真を撮り合い、シュプールを刻んでいけばあっという間に登り返し地点だ。再びコルまで30分で登り返し、あとは消化試合気味に登山口へ。最後にAmatchがオチをつけてくれたけど無事駐車場まで滑り込んでフィニッシュ。

 終わってみれば山、仲間、天気、行程、内容全て文句なしの最高山行だった。これで今シーズン山スキーはおそらく終了。今シーズンも安全第一で楽しみました。Amatch、Noza、N君お疲れ様でした!

 amatichの記録へ
 Noza君の記録へ

 日々練成

1_201705081632238bf.jpg
 出だしは暑い!でも風が心地いい。

2_20170508163224978.jpg
 先ずは峠(小日向のコル)を目指す

3_20170508163226dda.jpg
 峠からいったん下る。夏は右手を巻いたような気が。

4_201705081632276cc.jpg
 再び登り返し。

5_20170508163229d78.jpg
 温泉は後のお楽しみにして、温泉から少し登って滑りを楽しむ

6_2017050816323096e.jpg
 amatchはテレマークで参戦

7_201705081632325e1.jpg
 極上バーンにシュプールを刻む

8_20170508163233d56.jpg
 お楽しみ温泉タイム!

9_201705081632353f3.jpg
 温泉を確かめるamatch

10_2017050816323684b.jpg
 かけ流れた温泉も楽しむ 

11_2017050816323856b.jpg
 今シーズンの無事を祝って

12_20170508163239741.jpg
 北海道仕込のN君の滑り!後ろは温泉で雪が溶けた斜面

13_20170508163241328.jpg
 快適なバーンを楽しむ

18405381_591237644418995_1359760470_o.jpg
Noza君の安定した滑り

14_20170508163242bc1.jpg
 登り返した後は消化試合気味だかそれでも快適
 
15_20170508163244ede.jpg
 無事駐車場着。今シーズンも安全第一お疲れ様でした!

[ 2017/05/08 18:49 ] 山スキー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1649-bfdef4ca