ランナーは右側通行?左側通行?


 ランナーは右側通行?左側通行?
 先日少し呟いた事に思いのほか反応があったので少し言及してみることに。

 さくら道を応援した時に、かなりの割合で左側通行をしている選手を見かけた。日本の道路交通法では、歩道や路側帯がない場合の道路では道路の右側を通るとされている。(以下のとおり)

※wikipediaより引用
対面交通の原則(第10条第1項)
・歩道または路側帯(以下「歩道等」)と車道の区別の無い道路においては、道路の右側端に寄って通行しなければならない。路側帯の幅員が歩行者の通行に十分でない場合(幅が著しく狭いために路側帯をはみ出さなければ通行不可能な場合など)も同様である。
・道路の右側端が柵のない崖で危険であるなどやむを得ない場合には、道路の左側端に寄って通行できる。


 しかし、歩道や十分な路側帯がある場合はこの限りではない(そっち通りなさい)とかいてある。

※wikipediaより引用
歩道等通行の原則(第10条第2項)
道路の片側のいずれかまたは両側に、歩道または路側帯(歩行者の通行に十分な幅員を有するもの)のいずれかが存在する場合には、そのいずれかの歩道等を通行しなければならない。道路または車道を横断する場合、歩道等が道路工事等や駐停車車両等により塞がって通行できない場合は、この原則の限りではない。また、歩道等の上を通行している限りにおいては、道路全体で見て右側の歩道等を通行する義務は存在しない。

 要するに、歩道がない場合は右側通行が原則。だけど右側に崖や危険な場所があってとても通れない場合は左側でもよい。そして歩道や十分な路側帯が左側または両側にあるならそっちを通りなさいよ、ということである。

 こう読むと歩道も路側帯もなく、右側が危険でない場合はやはり右側を通らなければいけないということになる。

 ランナーが走る場合でも歩行者扱いになるので、他の歩行者に十分気を付けて歩道を走ることは可能だ。当然歩道がある場合は歩道を走るのが安全だと思う。しかし上記のように歩道等がない場合は原則右側通行が日本の法律で決められているというのは大前提となる。

 ここでランナー目線での僕の意見。(個人的な意見です)
 右側通行の場合、後ろから来る車に撥ねられる危険性は少なくなるのでは、ということ。左側通行だと、対向車との距離は遠いけれど、後ろから来る車を目視することは難しい。車からランナーの発見が遅れた場合、ランナーが避ける事も出来ずに撥ねられる可能性は高くなる。右側通行だと少なくとも前から来る車はランナーから目視できるので、車からランナーの発見が遅れても最悪自分で回避できる可能性も残されている。
 右側通行なら後ろから来る車との距離も車線分離れているのでまだ安全は高いと思う。実際、深夜の山間部を走ったりすると、ランナーが走っているとも思わずにラフな走行ラインで走っている車も多い。
 以上の理由が右側通行を勧めたい僕の理屈。
 
 勿論左側通行を推す人もいろいろな理由があるというのは理解できる。法律はそう書いてあるが、安全が確保出来るのならその方を走れば良いとは思う。(ここで法律違反云々は言及しません)

 ランナーも車も、お互いが不幸になるのを避けるためにも、ランナー自ら最大限の注意喚起はすべきだ。夜間走行において全身反射材は当然。前後に点滅灯、ヘッドライト、合図用のハンドライトは欲しいところ。それでも居眠り運転等で突っ込まれる危険性もあるわけで、そういった事故を回避するためにも右側通行がいいのでは、と思う。
(そもそも夜走るな、ってのはこの問題とはまた別の話)

 皆さんはどう考えますか?

 日々練成


 

 

 
 

[ 2017/05/11 06:55 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

難しいです

考えてみると、私は左側が多いかなと思います。
元々、短距離でトラックをグルグルしてましてINへINへ行くようにしてたせいか、進行方向の左に行ってしまいます。(少し理屈はおかしいですが…)
確かに左ですと後方の怖さがあります、でも右だと前からの怖さが。(目視出来るがちょっと怖い)
夜間は後ろからのライトに気が付くと、ハンドライトを何となく後方に照らしたりします(アピールタイム)

全く答えになってませんが…どっちがいいんでしょうか。
[ 2017/05/12 13:07 ] [ 編集 ]

Re: 難しいです

> さんたまり さん

 いつもありがとうございます。
 この問題(?)については正解はなく、個人がいいと思った方法が一番かと思います。(法律は守らないといけませんが…)
 大切なのはランナー自身が、ドライバーから見えにくい存在だという事を自覚して、しっかり存在をアピールするということでしょうか。歩行者優先は安全を約束してくれるものではありませんからね。
[ 2017/05/13 19:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1653-62f06d9b