GORE-TEX以外の選択という選択


 そろそろ春夏発表の新作ウェアが揃ったようだ。今シーズンようやく日本にも僕が注目する素材、「eVent DVStorm」が使われたウェアが入ってきた。この素材は2015ぐらいからぼちぼち使われていたようだが、その数値スペックは群を抜いていた。だが新素材ということでしばらく静観していた。もともとeVent自体がGORE-TEXに比べてメジャーメーカーに使われにくいというのもあったのだが。

 Eventの特徴として通気性があるということ。透湿性とはまた別だ。簡単にいうと「風を通す」という事になる。よりシビアな環境、特に冬山等では選択から外れるが、夏山であれば選択肢に入ってくる。特に活動量の多い場合は内部から蒸れるということをGOREよりは防いでくれるだろう。僕は夏山でハードシェルを着っぱなしというシチュエーションは少ない。風が強い場合はウインドシェル。それでも寒い場合は雨具を着るといった感じで対応している。なのでウインドシェルにフードは求めていない。フードを使うような場合はためらいなく雨具を着るべきと思っているから。

 少し逸れたが、この素材は僕の用途としてとても合っているといえるのだ。実際にTJAR2016でも使ったOMMのイーサージャケットは無印のEventだったが、その性能と使い勝手は非常に満足いくものだった。TJAR2016では雨に降られなかったが、その前年のOMM大会では雨続きだったがしっかり防水してくれて雨天の性能も十分使用に耐えうる。

 防水透湿素材はどんどん進化していくが、その中から自分の用途にあったものを選ぶべきだと思う。GORE-TEXはとても素晴らしい素材だが、各メーカーの独自素材も素晴らしい。透湿性に特化していたり、Eventのように通気性もあったり、伸縮性が凄かったり…。万能の一着としてGORE-TEXは良い選択と思うが、2着目ともなれば自分のスタイルにあった雨具、ハードシェルを選んでみてもいいと思う。勿論あまり尖った性能のウェアはそれなりにリスクもあるのでその辺はしっかり頭にいれておく必要があるのはいうまでもない。

 日々練成

 
[ 2017/05/19 06:22 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

eVent自分も注目してる素材です。特に汗掻きなんで使ってみたい素材ですね。手の届きやすい価格に落ち着いてくるのはもう少し先ですかね^_^;
[ 2017/05/21 07:06 ] [ 編集 ]

Re:

hirokazu さん

いつもありがとうございます。
event、汗抜けは確かにGORE-TEXより体感できますよ。夏の活動量が多い場合はとても有効だと思います。もう少し取り扱うメーカーが増えるといいんですがねー
[ 2017/05/22 06:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1661-2322ac0d