百四丈滝と白山北部登山道


昨日は加賀禅道整備の途中、百四丈滝を見ることが出来た。久しぶりに見た百四丈滝だが相変わらず秘境感たっぷりで素晴らしい景色だった。加賀室跡はまだ残雪が豊富で天池は厚い残雪の下だった。僅か300年ほど前までここに建物があり、多くの人でにぎわっていたのかと思うと歴史のロマンを感じる。今は歩く人も少ない加賀禅定道だが、当時は多くの人の往来があったのだろう。今は砂防新道、観光新道がメインとなり、白山北部を歩く人はあまりいないが、開山1300年の節目に北部登山道が注目されつつあるようだ。
 
 登山道は人が歩かないと荒廃する。管理も大変で、特に山深い北部登山道の管理は大変だ。山頂までいかなくとも素晴らしい景色と雰囲気を味わうことが出来る北部の登山道。皆さんも歩いてみて登山道の整備に一役買ってみてはどうでしょうか。

 日々練成

IMAG3613.jpg
  山深い場所にある百四丈滝。今年は雪解け量も多いので水量も多く迫力があった。
[ 2017/06/25 20:47 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1698-ec312591