ニューマシン完成 TREK Madone5.5 DURA-ACE



昨日友人からマシンが完成したとの連絡が入り、夜遅くであったが引き取りに行った。

TREKのMadone5.5 2008のフレームセットに7900系DURA-ACEだ。
とても僕の貧脚で乗れるようなマシンではないのだが、友人の好意で余っているパーツだからと組んでもらった。

流石のカーボンフレームである。4年前のマシンといえど、その軽さは圧倒的。何より全体のバランスが凄く良い。
Madoneの名前を冠するだけあって各部の造形も素晴らしい。神はディテールに宿るとはドイツの諺であったか。

はっきり言って僕は105だろうがDURA-ACEだろうが違いは分からない。
しかしシマノのフラッグシップモデルが放つオーラというか、その存在感はやはり肌で感じられる。ここにも性能が具現化した造形が見られる。中国製の形だけ模倣した偽物とは全く違う。

早速明日から乗り始めて、セッティングを煮詰めていきたい。
まずは乗り倒してこのマシンの特性や雰囲気を掴まなければならないだろう。
高度な戦闘力を持つマシンを手に入れたが、エンジンはどうだろうか?このマシンに搭載しても恥ずかしくない脚力を付けるためにもトレーニングだ。

すでに山は雪山だ。
白山は山スキーにとって十分に積雪しているらしい。超人Y先生はパートナーと既に初滑りを楽しまれたようだ。流石である。僕も負けてはいられない。山スキーは出来ないがスノーシューで行ってみるつもりだ。

初めての冬の白山。
どんな困難と感動が待っているのか。今から楽しみだ。

益々日々練成

trek55.jpg
TREK Madone5.5 2008 7900DURA-ACE
ランスは自転車界を追放となってしまった。事実は誰も語らない。それが全てだ。
マシンにまで中傷をぶつけるのは悲しい事だと思う。ランスはいつまでも僕のヒーローだ。

da01.jpg一目でわかる剛性の高さ。それだけではない何かも感じる

da02.jpgまさしく「神はディテールに宿る」だ。
性能の違いなど分かりもしないが、素晴らしい造形美に見とれてしまう。
[ 2012/11/03 20:39 ] ロード(自転車) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/17-a4baab73