2017ストック選定


 7月も終盤で北陸の梅雨明けも近づいてきた感じだ。そろそろアルプス山行の準備を始めたい。ふとアルプス用の道具を眺めていて気が付いたのだが何か足りない。ん~と思っていると、あ!ストックだ!
 そう、去年の夏、TJAR2016で愛用のストックを北アと中アで両方折ってしまい、諸事情からそのまま応急処置をしたままゴールまで行ったのだった。それ以来ストックを使う山には出掛けておらず、冬は冬用のストックを使っていたので結局折れたままになっていたのだった。

 これはまずい。アルプス山行においてストックは必須。登りや下りのバランス補助もそうだが、何より寝床を建てられない。そういえばTJAR2016の準備も最後までストックをどうするか悩んだあげく、結局2014の時につかったブラックダイヤモンドのディスタンスFL(アルミ)を使うことにしたのだった。完全にロック部分が折れているので補修するにしてもおそらくそのまま交換になるだろうから、この際新しいストックを探すことにした。もう時間がないが…。

 基本僕はアルミを使う。カーボンが嫌いなわけじゃないけど、やはり最終的に安心感があるのはアルミだと思っているから。このあたりはもう個人の嗜好になるのでどちらがいいというのは言えない。
 僕がストックに求めるのは

 ①アルミである
 ②長さ調節が出来る(MAX125欲しい)
 ③ある程度の軽さ(1本200g以内) 最低限の強度を犠牲にしてまでの軽量化をしていない。
 ④フリックロックで固定する ※
  ※出来れば安い方が良い(2万とかダメ)
 
 以上だ。しかし④に関して、最近は冬に使うストックではないのでスクリューロックでもいいかなと思っている。
 色々調べると一つ候補が上がった。条件はほぼ満たしており、偉人が使用していたという実績のおまけつき。だが収納状態が少々長いのが問題だ。この収納の長さはまだ使った事がないのでどんな不具合が出るのか分からない。アルプスではほぼ使いっぱなしなので多少収納状態が長くてもいいとは思うが…。思い切って買ってみるか悩んでいる。

 日々錬成


 
 

 
[ 2017/07/24 06:09 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1727-5b8d4f14