FC2ブログ






Fizan compact4 フィザン コンパクト4 


 常念山脈で初投入となったFizanのコンパクト4。結果からいうと概ね良い。10点中7.5点という感じか。

 まず収納状態。長さこそ50cmオーバーだが折り畳み式と違い1本にまとまるので、ザックへの収納や持ち歩きが折り畳み式に比べてとてもやりやすい。折り畳み式のようにパイプをまとめる必要がなく、パイプ1本なのでコンパクトに収納可能。これは思ったより便利だ。

 スクリューロック式の強度は問題なし。説明書には「力を入れて締めなくても十分にロックされるのであまり力を入れて締めるな」とも書いてあるがその通りだ。使用中にロックがずれて縮んでしまう様なことはなかった。後述するが、ポールに体重をかけて降りるような場面でも大丈夫だった。

 本体の強度。こちらも問題なし。BDのアルミディスタンスとそん色ない強度がある感じ。段差などで体重をポールに預けて降りる場面でもたわんだりすることもなく、しっかり荷重を受け止めていた。4セクションなのである程度はたわむかな?と思っていたがそんなことはなかった。

 秀逸なのがストラップ。長さ調節が超簡単に出来て、ストラップの質感も上質。幅広なので手首にひっかけて登る場面でも力がしっかり伝わる。長さ調節がすぐに出来るというのはこれほどストレスがないものかと感心した。この部分だけでも半分くらいの価値があるかも。

 グリップがBDに比べて短いため、疲れてきた場面などではパイプを直接持つ事になってしまい使いにくい。形状も日本人には少し太く感じる。

 素材のアルミの特性なのか、作りからくるものなのか、石突で固いものを突いたときに「ビーン」と全体が振動することがしばしばあった。使い方によってはならない事もあったので原因は定かではないが気になる点だ。

 付属の石突キャップはゴミだった。なぜか石突の先端がゴムキャップから飛び出る設計になっており(中央に穴が開いている)はめるとキャップから石突の先端が飛び出る仕様。これではキャップの意味がない。ヨーロッパと日本では認識の違いなのかもしれないが、地面に穴をあけないという目的が果たせていない。早々に新しいキャップを注文した。

 あとはやはりスクリューロックの煩わしさになれるかどうか。フリックロック式に慣れているとどうしても面倒に感じる。そんなに頻繁に長さ調節するシーンはないのでその辺はあまり問題ないかもしれないが…。

 全体の塗装や仕上げなど丁寧な作りで好感が持てる。ポールに求める僕の条件を良く満たしてくれている。これからも愛用決定だ。あ、値段は8,500円くらいでした。

 日々練成

IMAG3811.jpg
 素材の質感が滑らかで、スルスルと長さ調節ができる。これは秀逸なストラップ。
[ 2017/08/21 06:34 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1753-384de2b2