第一回加賀温泉郷マラソン 目標達成(3時間15分)

いよいよ大会当日。

朝5時に起きると外は雨が降っていて風も荒れていた。布団から出ようとするとみなもっさんがFecebookに投稿。何かと思ったら長野マラソンは雪が積もっているらしい。なんてこったい、長野はもっと大変そうだ。こちらの雨雲レーダーも昼までは雨っぽい。まあ天気は仕方ない。やるしかない。

5時半に朝食。奥様が普通に作ってくれたご飯とみそ汁とおかずで食べる。予定通り6時に家を出発、雨が強い。
指定駐車場までは30分ちょいで到着。まだがらがらなので最前列まで乗り入れて止める。シャトルバス乗り場まで5分ほど歩くだけでびしょぬれになってしまう。バスはまだ時間も早いので空席ありでも出発してくれた。

7時丁度に会場到着。まだ人影は少ない。前日に受付してあったので体育館2階の観覧席に場所を確保。寒いし雨も降っているのでお腹が冷えないように下はアンダーウェアとタイツの2枚重ねでいく。上はどうしようか。厚手か薄手か・・・少し様子を見よう。

IMAG0602.jpg
雨に強風と厳しいコンディション。

7時半過ぎにMH.TRCのMAMORUさんが到着。お久しぶりです。MAMORUさんはサブスリー狙い、流石です。MAMORUさんと話をして、雨は上がりそうだという結論に。外を見ると明るくなってきている。上は薄手のアンダーで行こうと決定。もちろんウェアはレミリアお穣様。目立ちます。
しかし風が強いのでポーチのベルトに取りつけたナンバーカードが風で暴れそうで心配だ。少しでも不安要素は取り除きたい。急きょウェアに取りつける事にする。しかしレミリアお穣さまに穴を開ける事などゆるされない。ゼッケン留めが前日に物販ブースにあったのを思い出し買いに走る。600円なり。

しばらくゼリーを飲んだり水分補給をして待つ。気分はドキドキ。
9時過ぎ。スタート30分前。ぼちぼち移動し始める人が出てきた。MAMORUさんは10分ぐらいに行くというのでご一緒させてもらう。
9時10分。ジャケットを脱いで外にでると寒い!風が冷たくてこれは厳しい!一度競技場まで行ったがグローブとネックウォーマーを取りに戻る。9時15分、集合完了の時間なので急いでスタート地点へ。

スタートは予想タイム毎に並ぶ方式。3時間未満、4時間未満と続くのでMAMORUさんは3時間未満へ、僕は4時間未満の先頭に陣取った。

間もなくスタート。カウントダウンが始まる。それほど緊張はなくワクワクしてきた。
号砲と同時にスタート。スタートラインを通過するまで5秒ほどかかったか。通過と同時に時計をスタートさせる。

アップは全くしていなかったが体が軽い、休んでいたおかげか足がスルスル回る。これはかなり早いか?
コースはいきなり下る下る。あっという間に1km地点。4.07秒。早過ぎー。みんなガンガン僕を抜いていくが大丈夫なのか?2km地点でも強力な追い風の影響もあって4.08。これはマズイ。少し抑えよう。予定では4.35で通して3時間16分が目標だ。
しかしコース折り返しから逆にガンガン向かい風になる。30kmを過ぎてからの疲労もあるし、それにコース後半は上り坂の連続で確実にタイムが落ちるだろう。前半に貯金を作っておいた方が良いと判断して少しだけペースを落とし、3kmから4.24/km前後で走る。

沿道の声援が嬉しい。レースは楽しまないと損なので全て手を振って応える。声援ありがとうございます。
7km程で片山津温泉を通過。温泉街の声援は一段と大きくとても力になる。僕も沿道の方々とハイタッチで答える。
10kmまできたが快調に走れている。しかし油断は禁物。ペース維持。ここでパワージェルを投入。
途中の折り返しでMAMORUさんとすれ違い声をかけてもらう。これはとても勇気が出た。

暫く田圃の中を通る。15km地点で山代温泉へ。ここでも大声援。ホテルの窓からも声援が。ありがとうございます。がんばります。沿道でカメラを向けてくれる人にはポーズで応える。途中の保育園での大声援ではレミリアお穣さまジャージが大人気だった。
ここで先頭の選手とすれ違う。早い、2時間半は確実か。

ここから山中温泉まで登りが続く。キロ5秒ほどペースが落ちるが焦らないで走る。フル折り返し地点の山中温泉では温泉街の方々が私設エイドまで設けてくれていた。素晴らしい応援に力が湧き出る。20km地点は1時間28分で通過。パワージェル2本目投入。

折り返し手前でMAMORUさんとすれ違い声を掛けると大きな声で応えてくれた。
予想通り折り返しから強烈な向かい風。下りのはずだがペースが上がらない。地味なアップダウンも加わりペースが落ちる。耐えるしかない。

折り返すとここから後続のランナーとすれ違う。サブ3.5ペースから後ろは楽しんで走っているようで大集団で通過していく。エイドでも立ち止まって補食を食べていた。僕はせいぜい飲み物を取るので精いっぱいだ。とても食べる余裕はない。
集団だと風の影響も少なく楽そうだ。僕のいるペース帯は空白地点というか、サブスリー集団にもサブ3.5集団にも入らないので前後に2,3人が孤独に走っているだけだ。レースだとこういう利点があるんだと思った。


30km手前。ぼちぼち足にきそうなので早めにパワージェルカフェイン入りを投入。
30kmから平地が続き風の影響をモロに食らう。忍耐の走りが続く。前を行く人とペースが合いそうなので、少し話をして交互に風避けとして走る事にした。しかし暫く僕が前で走るとペースが維持出来ないので先に行ってくれと言われてしまい、また孤独に走る。

片山津温泉に帰ってきた。声援ありがとうございます。
ここから登りがくる。横風になったが登りはキツイ。でも走るしかない。声援に応えるのも大変になってくる。
交差点を曲がると向かい風と登りのダブルが襲う。

35km地点通過。疲労はピークか。カフェイン入りのパワージェル投入。使える物は何でも使う。しかし30kmの壁、35kmの壁はもう過ぎた、後はゴールするだけだ。だがラスボスが待っていた。ここから右足のハムストリングスが攣りかける。というか攣っている。ペースを乱すと間違いなく走れなくなるので我慢して押さえつける。そのうち左にも症状が。これも押さえつけて走る。ラスト3kmで現れた陸橋の登りで両足大腿四頭筋も攣りだした。下りになって更に症状が酷くなるがこんなもの白山や笈ヶ岳に比べればと思いねじ伏せた。

残り1km。ああ、これで大会が終わってしまうと少し残念な気持ちになる。ラスト500m、ここで20分切りを確信。
最後は競技場への上り坂。後ろから来た選手に激を貰い僕も気合を入れる。ゴール会場からブラスバンドの演奏が聞こえる。ゴールが見える、ラストの直線で競技場の観客とハイタッチを交わし、ゴールテープ切った。振り返って一礼。タオルをかけてもらう。
ありがとうございました。無事ゴール出来ました。

グロスタイム 3時間15分23秒
ネットタイム 3時間15分18秒

ゴール直後、先にゴールしていたMAMORUさんが駆けつけてくれた。MAMORUさんもサブスリー達成したようだ。おめでとうございます。
長野のみなもっさんは惜しくも目標には及ばなかったみたいだが十分素晴らしいタイムだ。
MH.TRC三人の大会が終わった。それぞれ思いはあるだろうが、とても素敵な経験となった。僕はしばらく体を休めます。参加した皆さん、本当にお疲れ様でした。

日々練成

IMAG0606.jpg
いい笑顔です。

IMAG0605.jpg
目標達成。疲れました。

[ 2013/04/21 19:36 ] 大会、レース | TB(0) | CM(4)

お疲れ様です!

目標タイム達成、おめでとうございます!
サスガ速いな~
サブ3も射程距離内ですね~
僕は、まずサブ4目指します・・・(^^;
[ 2013/04/21 22:19 ] [ 編集 ]

Re: お疲れ様です!

>パインキャップさん

いつもコメントありがとうございます。
練習の成果がなんとか出たようでよかったです。
サブ3は・・・しばらく体を休めます(笑)

ランニング初心者の僕でも達成出来たのでパインキャップさんも必ず達成出来ますよ!
必ず達成するという強い気持ちが大切です!
[ 2013/04/22 10:46 ] [ 編集 ]

かなり楽しめたようですね~

読んでるこっちも楽しい気持ちになりましたよ!
[ 2013/04/24 00:51 ] [ 編集 ]

>マッハさん

ありがとうございます。
終わってみれば・・・ですね。レース中は本当に苦しかったです。でも大会は3割増で力が出ますね。是非挑戦してみては?!
[ 2013/04/24 11:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/190-a4582bc2