18650バッテリーの危険性


 最近のヘッドライトもようやく充電式が多く登場してきた。しかしちょっと気になる点もある。それはリチウムイオンバッテリーが当たり前に使用されていることだ。
 リチウムイオンバッテリーは高出力、高容量、コンパクトでヘッドライトにはうってつけだ。スマホのバッテリーとしても使用されているので特に意識しなくても知らず知らずのうちに使っていると思う。現在のモバイル機器はこのリチウムイオンバッテリーなくては考えられないだろう。
 
 その中でも18650というリチウムイオンバッテリーは円筒形のバッテリーで単三電池を二回りほど大きくした形だ。高出力で高容量、そして手軽に手に入るのでヘッドライトもこれを使用したものが最近登場してきている。現在主流の単四電池では考えられないような明るさと稼働時間を可能にしているこのバッテリーだが、実は大変危険なものでもある。

 ハイパワーゆえに取扱いを誤ると大変危険だ。特に過充電は要注意で、過充電防止回路のついた充電器でないと最悪爆発する危険性がある。過放電も危険だ。今までのアルカリ電池のように何も考えずに使うと大変なことになる。

 さらに粗悪な18650が出回っているのだ。通常18650は絶縁ボディに保護回路やガス解放弁等、安全装置がついている。だが主に中国製の18650製品はこれらの安全装置がついておらず、さらには容量を大幅に騙った製品がほとんどだ。高容量(主に4000mAh以上)を謳っている製品はほぼ間違いなく粗悪な18650と思っていいだろう。
 そうとは知らずに安さや高容量に騙されて購入してしまうと、表示容量以下の容量しかなかったり、安全装置がないためにバッテリーが爆発してしまうこともある。(実際に何件も発生している)

 18650は手軽にハイパワーが手に入るバッテリーではあるが、今までの電池のように使いっぱなしではだめなのだ。そして危険であることを十分に理解しなければならない。正しい知識と使い方を理解したうえで取り扱ってほしいと思う。特にトレランナーの諸君は数値主義なところがある。500ルーメン!15時間!とか聞いたらすぐ買っちゃうでしょ?数値だけではなく全体を見て危険なことも理解して使ってほしい。

 日々練成

18.jpg
 現在唯一といっていいKEEPOWER製の3500mAh18650 これ以外の3500mAhは詐欺容量と思っていい
[ 2018/03/21 06:18 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1964-5ddaaea0