FC2ブログ






黒部横断① 扇沢~針ノ木雪渓~針ノ木峠~針ノ木谷 


 3月31日 8:30
 扇沢から夏道に沿って針ノ木雪渓を目指す。雪は多く沢は全て埋まっていた。気温は高く日差しは徐々に強くなってくる。日焼け対策は万全に。歩き出しでジャケットを脱いでアンダー一枚。雪は緩んでいる。

 快適な沢歩きが続く。両側からのデブリが凄い。汗をかかないようにペースを調整。一時間ほどで大沢小屋を過ぎる。ここから徐々に傾斜が出てくるがシールが良く効いてくれるので問題ない。10時頃に標高1900m付近まで登ると傾斜が一気にきつくなってきた。2000m付近から雪質が変わり、厚いモナカで歩きにくい。それでも標高を上げて11時半に2300mまで。シールが効きにくい雪質になり傾斜もきつくたまらずジグを切る。先行者ははるか先だ。ラスト標高差200mが本当にキツイ。amatchはシールが下駄になり、かなり脚をもっていかれてきつそう。それでも持前のねばりで登る。

P1040935.jpg
目指す針ノ木峠はまだまだ先

P1040934.jpg
 重荷が脚にくるwww

P1040936.jpg
 そこらじゅうに巨大デブリが

P1040937.jpg
 はるか上からの雪崩

P1040939.jpg
 上空には飛行機雲 

P1040941.jpg
 徐々に傾斜が出てくる

P1040943.jpg
 急すぎぃ!

P1040944.jpg
 ラスト200mがマジ遠い

P1040945.jpg
 amatchガンバ!

 12時20分に針ノ木峠に到着だ。目の前には北アルプスの大展望。槍ヶ岳も良く見える。
 扇沢から約4時間。ゲートから6時間とゆっくりペースだが暑さと重荷で結構きつかった!少々休憩したらシールを外して滑降モードだ。出だしは傾斜が急だが緩んでいるので滑りやすい。そこらじゅうのデブリを避けながら滑降ライン引く。30分程で標高2000m付近まで落とす。ここからは狭い谷に入り、雪が切れていたりデブリでふさがれていたり、藪に阻まれたり川が出ていたりとライン取りが難しい。スキーを脱いだりカニで降りたり登ったりと距離が稼げない。

IMAG4264.jpg
 針ノ木峠に到着!針ノ木小屋の屋根と後ろは北アルプスのランドマーク、槍ヶ岳

P1040947.jpg
 出だしは急だが緩んでいるので滑りやすい

P1040951.jpg
 amatch攻める!

 と、ここで気がついたのだが先行者のライン取りが凄い。先の見えない起伏や雪がつながっているがわからない場所を迷いなく滑っている。ここしかないというポイントを一度も止まらないで滑っているのだ。まるで先が見えているような…。一体何者だろうか。

 13時半、1879mの針ノ木谷に合流。
 針ノ木谷は両側からのデブリが堆積して意外とスキーで滑ることが出来た。ここでも先行者は迷わず止まらずにラインを取っている。
 雪崩のすさまじい破壊痕に圧倒されながら秘境の中にいることを実感。途中から微妙なアップダウンがあるのでスキーで滑るだけとはいかずここでも時間を取られた。

P1040954.jpg
 両岸からの雪崩が絶えない

P1040955.jpg
 デブリが行く手を阻む

 15時半
 ようやく谷が開けてきていよいよ黒部湖まで近い。このあたりから何度も渡渉をする。渡渉ポイントを探すがどこも微妙でぎりぎりのジャンプで渡渉。一か所大きな渡渉でスキーを担いだとき、いつのまにか片方のストックに先がないことに気が付く。え?なんで?担いだ時にロックが外れてしまっていたのか。ここでストック1本がなくなるのは痛すぎる。だが何とかするしかない。無くなったストックの先は流されて黒部湖に沈むだろう…。

 テンションも下がるが先に進むしかない。だがこの先にはさらに困難が待ち受けていたのだった。

 続く

 amatchの記録へ

 日々練成

P1040959.jpg
 見た目より結構やばいんです(ストックの先はここで落とした)

P1040960.jpg
 ここから渡渉の連続

P1040961.jpg
 ジャンプ一発!

[ 2018/04/03 21:25 ] 特別企画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1976-6857e08e