FC2ブログ






黒部横断 最終章

 12時
 刈込池を過ぎたあたりから堰堤が出てきた。快適クルージングもここまで。スキーを脱いで堰堤を乗り越える。ここから対岸に渡ったり堰堤を乗り越えたりとルートがよくわからない。最新の地形図だったが、地形図はしばらく更新されていないのか反映していないのか、地図にない作業道を見つけるのに苦労する。何度も堰堤を乗り越えたりなかなか進まない。なんとか作業道に復帰し先へ進む。

 13時
 何度もデブリを乗り越え、泥鱒池を過ぎた先の橋を対岸に渡ったところでルートを見失う。閉鎖されたトンネルを覗いてみるも先はつながっていなさそうだ。地形図では線路が繋がっているが実際は繋がっていない。古いトンネルも先はつながっていないっぽい。橋を戻って地形を眺めるがゴルジュ帯につくられた堰堤なので20m近い高さがある。うろうろすること1時間ほどで、amatchがルートを発見した。すさまじいデブリでルートが寸断されていたのだ。土と石だらけのデブリを超えて堰堤の下に出ると作業道に復帰することができた。

 15時
 作業道を歩いたり僅かな斜度を滑ったりして先へ進むがまだまだ立山駅は遠い。途中道路をずれて廃線となった作業用トロッコ線路に迷い込んでしまい大幅に時間をロス。日暮れ時間も迫り気持ちも焦るが仕方ない。雪も切れてスキーを背負いブーツでの歩きは足も痛いしスピードもでない。100mが長い。

 17時半
 ふと先を見ると人工的な明かりが遠くに見えた。立山駅だ。残り1kmあまり。もう雪は消えてコンクリートの歩きのみ。

 17時50分
 駐車場到着。ついに黒部横断完了。amatchとがっちり握手だ。いろいろトラブルはあったが、信頼のパートナーと一緒に困難を乗り越えることができた。しかし感動の余韻を感じるのもそこそこ。ここから大町まで車の往復が待っている。そのうちk岡さんも到着。さすがに早い。聞けばトロッコの線路に迷いこんでしまったとのこと。雪の状態も過去最悪だったらしい。電車の時間もあるというのでここでお別れ。ありがとうございました!
 僕たちは急いで着替えて道具を撤収したら車に乗り込んで高速を目指した。

 続く 

 amatchのブログへ

 日々練成

1523020460132.jpg
 堰堤を乗り越えて進む

1523020462435.jpg
 作業用トロッコの履工も埋もれる

1523020464117.jpg
 デブリの上には滝が

P1040983.jpg
 超巨大デブリ。すごすぎ

P1040981.jpg
 ひたすら堰堤

P1040982.jpg
 雪も少なくなってきた

P1040986.jpg
 amatchの指差す先は…

P1040985.jpg
 立山駅が見えた!
[ 2018/04/06 06:09 ] 特別企画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1979-1bf8c46f