FC2ブログ






黒部横断 ~エピローグ~


 21時過ぎに扇沢手前の林道に到着して車を乗り換える。amatchと握手してそれぞれの帰途につく。僕はここから3時間の下道と高速運転。帰宅するころには日付が変わっているだろう。

 帰りの運転で今回の旅を思う。
 まずはなんといっても誘ってくれたamatchに感謝。信頼のパートナーがいたからこそ成し遂げられた行程だった。トラブルや困難もあったがamatchという信頼のパートナーがいたからこそ乗り越えられた。本当に感謝したい。

 早春の黒部には忘れていた情熱が眠っていた。いつからか忘れていた山へ入るときの緊張感、孤独感がそこにはあった。今回の黒部横断で山はかくも厳しく、優しく、素晴らしいものだと再認識した。忘れていた山への情熱を取り戻すことが出来たと感じる。

 あらためてマッスル北村氏の言葉を引用したい。今こそこの言葉の意味が心の底から理解することが出来た。 

「他人を納得させる記録や結果よりもたとえ自己満足と笑われようが自分で自分に心から「よくやった」と、ひとこと言える闘いこそ、まことの勝利であり人間としての自信と誇りを得て人生で最も大切な優しさや思いやりを身にまとう瞬間だと思う」

 日々練成

[ 2018/04/08 00:24 ] 特別企画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1980-66d975ab