トレーニングと回復、オーバーワーク


 トレーニングをすると一般的に回復までの時間は約48時間ほどといわれている。特にウエイトトレーニングでは「超回復」という現象があり、これが48時間後に起こるので、それに合わせてトレーニングを繰り返せば筋力が向上していくという理論だ。
 だが小さな筋肉も大きな筋肉も、高強度のトレーニングも低強度のトレーニングもすべてが48時間後に回復するのだろうか。答えは当然NOだ。筋肉への刺激が変われば回復に必要な時間も変わってくる。一概に48時間の休養でまとめてしまうのはリスクが高い。

 大きな筋肉に強度の高い刺激を与えれば当然回復の時間も長くなる。スクワットやデッドリフトなど大パワーを発揮する種目ではとても48時間では筋力の回復は追いつかない。ジョグ程度のスピードで走るなら毎日でも可能だが、強度の高いインターバル走を毎日すると怪我のリスクが格段に高くなってしまう。

 では部位毎の回復時間はどれくらいなのだろうか。
 個人的な意見だがこれはトレーニングと回復を繰り返して自分で見つけていくしかない。初心者の頃なら2日おきとかでもいいかもしれないが、徐々に強度を上げたり、頻度が高くなると2日の休養では追いつかず、いつの間にか回復せぬまま練習を重ねてオーバーワークになってしまっていたりする。そもそも48時間という数字すら、筋肉中のグリコーゲンの回復する時間であり、筋力が回復する時間ではないのだ。

 また個人的意見で申し訳ないが、少なくとも僕は筋肉痛が残るうちはトレーニングはしない。そして2日経っても筋肉痛がとれないのは刺激が強すぎたのではなく、回復に必要な栄養が不足していると考える。慢性的に怪我が回復しなかったり、疲れやすい、走っていてもすぐに疲れてしまうというのは、回復が追い付いておらず、なおかつ栄養が絶対的に足りていないのだと思う。

 しっかりトレーニングしている人は回復の時間をもう少し見直した方がいいと思う。それと栄養。たんぱく質とマルチビタミンは最低限十分にとらないといけない。それでも疲れが抜けなかったり、記録が伸びなかったりするのなら思い切って2週間休む。知らず知らずオーバーワークになるくらいなら、しっかり練習を休んで、完全回復を通り越してちょっと落ちるくらいから再開したほうがメリットが多いはずだ。やりすぎは害。過ぎたるは及ばざるがごとし、だ。

 日々練成


 
 
[ 2018/04/20 06:21 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/1993-c7716fd1