FC2ブログ






ランナーこそデッドリフトを


 ランニングで背中が丸まって前かがみになっちゃう人は多いと思うけどそのことに対して自論。前かがみになっちゃう人は背中側の筋肉が弱いんだと思う(まんまやんけ)背骨ってのは前に曲がるように出来てるので背中の筋肉(主に脊柱起立筋群)が弱いと自然と前かがみになっちゃうのではないかと。猫背とはまた違った感じだけど、やっぱり走っている姿はビシッと立っていた方がいい。何事も見た目が大切。ていうか見た目がいいと大抵性能もいいんじゃないかな。スポーツカーとか飛行機とかもそうでしょ。カッコいいってのは性能の裏返しなんだと思う。話はズレたが背中の筋肉ね。人間意識して鍛えないと背中を鍛える機会なんてほとんどない。筋トレって聞いてパッと思い浮かぶのはベンチプレスとアームカールだし、表(腹側)の筋肉しか鍛えるイメージはないと思う。でも人間のコアの部分をささえてるのは背中だと思うんですよね。だからランナーこそデッドリフトをやるべきなんです。前にランナーこそスクワットをやれと言ったけどそれも同じ理屈。関節を保護するのにグルコサミンなんて効きませんよ。すり減る前に筋肉をつけて保護しましょうってことです。姿勢を矯正するのに怪しい整体に行く必要はありません。もうお分かりですね。筋肉ですべては解決するんです。騙されたと思ってデッドリフトをしましょう。ちなみに僕の最初のぎっくり腰はデッドリフトでやりました(フォームがクソ悪かったんだけど)

 日々練成
[ 2018/04/27 20:58 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/2000-bb55bfcb