FC2ブログ






ゆるトラ(ンス)スタイルで行く今季のアルプス


 山での寝床はクロスオーバードームに決定。となるとシュラフもエスケーヴィヴィじゃなくて夏用の超軽量シュラフを持ちたくなるし、マットだってちょっと厚めがいい。そうなると25リットルザックでは若干余裕がない。この際だからザックもちょい大き目がいいなってことで45リットルぐらいを選ぶことにした。
 もともと45リットルは持っているのだけど、ゆるトラ(ンス)スタイル(勝手に命名)にはちょっと重い。1kgを切る重さで劇的に軽いってわけではないけど、この重さでこの機能と作りは時代も進んだなあと思わせる。

 ここ数年はトランススタイルだったので、ちょっと重さや容量に視野を広げてみてみると、全く凄いザックがたくさん出ている。1kg以下なんて当たり前。パラメータを軽さに全振りしてフィット感や使い勝手を削ったザックなんてのはもう全然見かけない。軽くてフィット感良くて使い勝手も良い。そんなザックがたくさん出ている。目的が一つになると視野(選択肢)も狭くなってしまうが、ちょっと広げるだけでこんなにも素晴らしいザックがたくさん出ていたのかとちょっと反省してしまった。

 今年はゆるトラ(ンス)スタイルで行く予定なので寝床も布団も快適志向。多少重くかさばっても快適に山行出来る装備で行きたい。
 あ、25~30のザックは全く別で、色々お世話になっている方に相談中です。(早くレビューまとめろ)

 日々練成
[ 2018/07/10 20:49 ] 道具 | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/07/11 03:11 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> コメント名無し さん

 訪問&コメント、ありがとうございます。
 そうなんです。多少重くなったところでたいして影響あるのかと考えるとそうでもなさそうなんですよね。おっしゃるとおり、多少の不便を楽しむ余裕をもたないといけませんね!コメントありがとうございます。また是非遊びにきてください!
[ 2018/07/12 22:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/2075-2b83c5e1