FC2ブログ






試合に負けたら監督が罰走すればいいじゃん。


 今日の暑さは強烈だった。
 仕事明けで帰宅すると室内はすでに32度。外はいったい何度だろうかとデジタル温度計を日陰で風通りのよい場所に置いておいた。昼前にランニングで外に出たときに置いておいた温度計を見たら37度だった。天気予報で計測している気温はアメダスの気温なので、実際アスファルト上1mくらいの場所は+3~5度になっている。今日も気象サイトでは僕の住んでいるところは32度だったが実測は37度だったのでやはりこれくらいの+気温が相当なのだろう。

 とはいえ暑くても走るもんは走る。しかし今日は往路から厳しい走りで復路に500ペットボトル一本を補給しても帰宅したら3.6kg体重が減っていた。単純に水分だけ抜けた考えてもとんでもない量だ。こんな暑さの中、高校生はサッカーや野球の試合をしていた。30度を超えたら屋外スポーツをしてはいけない。しかも野球は負けたペナルティなのか、走らされているシーンを見かけた。こんな暑さのなか罰走とか指導者の頭はいかれてる。試合に負けた責任は監督コーチが負うべき。走るのはお前らだろう。こんな指導が当たり前のように行われている日本の部活指導は50年前と何も変わっていないと感じた。

 試合に負けたら監督が走ればいい。責任とって頭も坊主にしとけ。

 日々練成


[ 2018/07/16 19:39 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/2081-b535b896