FC2ブログ






AEGISMAX シュラフ イージスマックスシュラフ 


 白山でも試していたが、シェルター内での使用は初めてのAEGISMAXダウンシュラフ。立山雷鳥沢の気温は12度か10度いかないくらい。テン場では皆ダウンを着ているような状況だ。夜間はちょっと風が強く吹く環境でシングルウォールのシェルター内(クロスオーバードーム)での使用レポート。
 
 シュラフはイージスマックスmini。amazonではウルトラライトマミータイプとして販売されているタイプだ。総重量440g(コンプレッションスタッフサック込)ダウン量はメーカー公式で800FPの230g。見た感じはロフトなどから相応の数値だと思われる。
 フードレスタイプ(キルトタイプ)と書いてあるが、実際はしっかり頭まで覆う事ができるのでキルトタイプよりは保温力が高い。(176cmの僕でMサイズで若干余裕有)
 
 マット:OMMのデュオマット。肩から腰までの半身マットで、足はOMMのザックに乗せた。
 服装:上半身 ファイントラックのスキンメッシュ、半袖シャツ、モンベルのサーマラップパーカ。
     下半身 メーカー無しタイツ、OMMカムレイカパンツ、ウール化繊混の靴下。
 
 この状況で朝まで寒さは全く感じることはなかった。特に足先はボックス構造になっているので窮屈感は感じずに暖かい。類似するシュラフよりは若干タイトなつくりになっており、その効果もあるのか保温力が高めな感じだ。頭までしっかり覆うことができ、顔回りも引き紐で搾れるのでより保温性を上げることも出来る。僕はサーマラップパーカのフードを被っただけで暖かかったので顔回りは絞らずだった。懸念だったダウンの臭いは全く感じなかった。これについては当たりはずれがあるとの報告もあるので注意されたし。
 
 標高2200mで8月上旬の雷鳥沢での使用には全く問題ない。夏シュラフとしては文句なしだろう。何よりその価格が魅力。コンプレッションスタッフサックとストレージメッシュサック(保管袋)付きで8,000円台である。注文して1日で届くスピード。ダウンなので濡れが心配だがそこは天候や条件次第だろう。浸水の心配が低いCODなどでなら十分活用する価値はある。ファストハイクで装備のコンパクト化はしたいけど、快適さはそこまで削りたくないなんてときには(できれば予算も)候補にしてみて間違いではない。

 
 ~余計な一言~
 日本のシュラフメーカーは素晴らしいモノ作りをしてくれている。だが海外製品、特にアジアのアウトドア製品の勢いはバカにできない。同じ物なら3分の1の値段で作ってくる。どの道具を使うかはその人次第だが、価格がファーストチョイスになる場合もあるので、勢いに負けないような製品を作ってほしい。

 日々練成

dfvvs.jpg
   つくりも品質もいいよ。あとは耐久性か。
[ 2018/08/09 20:08 ] 道具 | TB(0) | CM(3)

すげ〜気になって、遂に今ポチりましたよ(笑)
[ 2018/08/25 22:43 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> hirokazu さん

 もう届きましたか?なかなかよさげでしょう。夏のシュラフ問題が一気に解決した感じがあります。これにシュラフカバーでかなりの温度域をカバーできると思いますよ。
[ 2018/08/28 19:11 ] [ 編集 ]

夜結構遅い時間にポチったのに翌日の午前中に届いてびっくりしました!来月のテント泊で早速使います!
[ 2018/08/28 21:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/2104-3fe38e79