FC2ブログ






newシューズ(ロード用)


 一年ぶりに新しくランニングシューズのmana7をおろした。前回新品を下したときは山も行っていたので消耗が激しくロードで使うにはアッパーやソールのダメージが結構酷くなってきていた。ソールが削れてくると着地のフォームが悪くなるので無理すれまだ使えると思ったが、早めの交換となった。
  
 久しぶりに新品のmana7を履いたが、やはり新品はいい。アッパーはまだ固さやゴワつきがあるが使っているうちに馴染むだろう。それよりソールのクッション感、反発力、グリップ等、やはり新品のソールは素晴らしい。着地で地面に着く瞬間に衝撃を吸収してくれ、しっかり反発する。グリップもがっちり路面をつかんで推進力に無駄が少ない。いつまでこの状態が持つかは分からないが、大会前にはもう一足新品を卸してもいいと思った。

 上にも書いたがソールが減ってくると足首の回外、内転(いわゆる内返し)の動きが大きくなり、着地で捻挫したり足首にダメージが蓄積するおそれがある。ソールのゴムがすり減って、内側のクッションが出てくるようになったら既に寿命は過ぎている。出来ればゴムがすり減る前にシューズを交換したいところだ。そして2足を使いまわしするとクッションのヘタリも少なくなり寿命が延びるので、難しいとは思うが出来るなら2足交互に使うと良い。

 新しいシューズは気分も上がるし走りに良い影響も多い。シューズはヘタる前に交換して、より良い練習環境を自分でつくっていきたい。
 mana7は既にメーカー絶版で店頭在庫も枯渇している。まだ5足の在庫があるので、ロードのみで使うならばあと2年ぐらいは戦えそう。その間に新しいロードシューズを見つけられるといいんだけど。

 日々練成
[ 2018/09/17 18:43 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/2140-cfd147bd