白山登山ワンデイ  2013/05/17 2013年5月17日 

予定通り?白山登山ワンデイ。
4時起きの仕事だったので、仕事終わりの7時に地元を出発して8時半には市ノ瀬の予定だった。しかし7時に仕事が終わって現場で着替えていると緊急招集がスマホに入る。同時刻に出場が重なったうえ、水難救助まで発生。しかも海に入る隊員が他事案で出場してしまって不足しているという。前もって連絡はしておいたが、やはりここは招集に応じなければなるまい。断腸の思いで署に行くと直ぐ現場へ向かってくれとの指令。ウェットスーツに着替えヘルメットとフィンを持って現場へ否応なしに急行。荒波の中、他の隊員と共に一人を救出して船に収容した。幸い?命に別条はなく良かった。(と思いたい)

重いフィンを荒波の中漕いだおかげで脚をかなり使ってしまった。しかし今日は絶対に白山へ登る。
後片づけをして8時半に地元を出発。ほどなくみなもっさんから連絡が入り、今日の11時に市ノ瀬ゲートが開門予定だという。走るつもりだったので少々物足りないが折角なので別当まで車で行こうと思い道を飛ばす。

10時半市ノ瀬到着。ゲートはまだ開いていない。僕が待機一番乗りのようだ。
ほどなく数台が僕の後ろに待機し始める。いよいよ11時前。業者がカギを外し開門だ。やっとこの時が来た。

P1010726.jpg
いよいよこの瞬間。開門一番乗り。

市ノ瀬からアウトバックは爆走して別当到着。既に準備したあったのですぐに出発する。
暑い。中飯場までは登山道が見えていたがここからは完全な冬道。ほぼ直登で登る。
P1010727.jpg
緩い雪でなかなか進まない。思いのほか時間がかかる。

高い気温で緩んだ雪でなかなか進まない。トレランシューズのスポルティバタプターでもこの雪は捉えきれないか。
予定よりかなり時間がかかって避難小屋へ。
冬ドアは見えているが、厳冬期には埋まっているので本当に避難小屋として使えるんだろうかと思った。
P1010728.jpg
3月は屋根の頂点一部しか見えてなかったじゃん!

エコーライン気味に進路を取って弥陀ヶ原へ。急登を超えると弥陀ヶ原の平原と御嶽山が出迎えてくれた。
またこの景色を見る事が出来た。ありがとうございます。
P1010729.jpg
御嶽山と乗鞍岳。風は無く素晴らしい風景が広がる。


五葉坂を超えて室堂へ。
すでに営業は始めているようだ。社務所の鳥居に礼拝。山頂へ向かう。
ここも雪が緩く苦労するが頑張って登る。
山頂へ向かう途中僕のブログ読者の方とお会いする事が出来た。声をかけていただいた時はびっくりしたが、とても嬉しかった。地味なブログですが読んでいただける方がいるというだけで感謝です。ありがとうございます。
暫くお話をして別れる。事故無く下山してください。

P1010731.jpg
3月よりそれほど変わってない?

今日の登山は篠崎医師の追悼が目的だ
2時間半で奥社着。お酒を供えて篠崎医師のご冥福をお祈りした。

山頂では風もなく、穏やかな天気だ。
ふと山を思う。色々考える事もあるが、僕には登る事しか出来そうにない。ならば登るだけだ。
ちょっと吹っ切れた。
さあ下山です。

P1010733.jpg
白山御前峰onキュゥべえ

グリセードやシリセードを織り交ぜてあっと言う間の下山。1時間ちょいの行程。
車で着替えている時には大量のコバエに難儀した。別当からの林道途中滋賀から来たという男性を車に乗せて市ノ瀬へ。困った時はお互い様です。

残雪期の白山を堪能しました。
もう少し早く登れるといいな。更新遅れてすいません。

日々練成







[ 2013/05/17 21:20 ] 登山 | TB(0) | CM(2)

開門一番のりとは流石ですね!

他の山の積雪は少なかったのに
白山の雪は多いですよね
不思議~

お疲れ様でした!


[ 2013/05/19 21:33 ] [ 編集 ]

>マッハさん

いつもコメントありがとうございます。
仕事が延長したおかげ(?)で上手い事時間が合いました。そのまま行っていたら別当まで走っていましたね。
今年はまだまだ雪解けには遠そうです。この雪の多さが白山の豊富な水源になっていると思うとやっぱり霊峰なんだなと思います。
[ 2013/05/20 09:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/217-8c7c787e