変わる白山&落し物


 昨日は白峰から別当まで車だったが、3月あんなに苦労した道がすっかり様変わりしており、あの時の面影すらなかったのには驚いた。積雪で曲がった木々も元通りになりつつあるし、雪崩の跡すら消えていた。
白一色だった道はアスファルトのグレーと新緑の緑に変わり、白山も白と青の世界から徐々に緑や土、岩の色が出てきた。こうやって季節は巡っていくのかと思った。

緩んだ雪には苦労した。脹脛をかなり使ってしまったようで今日は少し張りがある。トレランシューズは濡れて激重になってしまった。しかし一度この楽さを知ってしまうともう夏山は重い登山靴を履く気にはなれないかも。

日々練成

IMAG0653.jpg
すっかり雪も溶け夏の様相になった白峰からの道。あんなにあった雪はいったいどこへ。代わりに青々しい木々が生い茂っていた。

そういえば昨日白山から下山中にニット帽の落し物を拾った。
市ノ瀬のセンターに預けようとしたら落し物は誰も取りに来ないから持って帰ってくれと言われてしまった。そうなんだろうけど持って帰れと言われた方も困るというものだ。

というわけで持って帰ってきてしまったので心当たりのある方はご連絡ください。

KANGOLのツバ付きニット帽。色は茶色です。
IMAG0656.jpg

[ 2013/05/18 16:45 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/218-431a4d00