FC2ブログ






ダイエットとリバウンド


 目的はなんであれ体重を減らすという意味で減量した人にはリバウンドはつきもの。今まで一日に1500kcal食べていたものを1000kcalにして、毎日10km走れば当然体重は減る。(体脂肪、筋肉も含めての体重)
 なので極端に言えば減量という行為をやめた時点で体重は元に戻っていくわけ。体重を戻さないためには減量を続けていくしかないという事になる。なんとも救いようのない絶望的な話だけど実際は多かれ少なかれ目標体重まで減量してそれを維持していけるというのはかなりの努力を継続する必要がある。じゃどうするの、という話だけど、目標体重を維持するには体重が増えない量の食事を心掛けて、摂取カロリーと消費カロリーが拮抗するように運動するしかない。こんなキツイダイエットをずっと続けろというのか!と言われそうだけど、何年もかけて増やした体重を数か月程度で減らそうとする方がおかしい。そりゃ必ず無理が出てくるっていうもの。3年かけて10kg太ったなら3年かけて痩せるくらい長い目で見たい。だって10kgを3ヵ月で太れってのは痩せる以上に大変だし。

 筋トレでダイエット!とかも良く聞くけど、減量に有効なほど筋トレではカロリーを消費しない。その時間走った方がよっぽどカロリーを消費する。じゃ筋トレは何なんだ、となるが、筋トレによって増えた筋肉がカロリーを消費しやすくなり、結果身体全体の消費カロリーが上がるという理論。要するに燃費の悪い身体になるということだ。しかし消費カロリーが劇的に増えるほど筋トレをしてすぐに筋肉が付くわけじゃないし、スクワットすると脚が太くなって困るほど筋肉はついたりしない。(トレーニーからしたら舐めるなといいたいぐらい)そうするためには数年単位のトレーニングが必要になる。筋トレによる減量効果というのは年単位で効果が出てくるものなのだ。(一時的に筋トレした部分が引き締まることはあるし、筋トレ初心者には効果が大きい場合もある)

 じゃ世の中の減量成功した人は何してるの、という話。
 僕の個人的意見だと、減量成功して体重を維持している人は、強い意志と減量によって得られた喜びによって自分自身をコントロールすることが出来ていると思う。つまり絶対に体重を減らすという意志で目標体重まで減らして、それを達成した喜びと、変わった自身の姿をもとに戻したくないという強い思いを持って努力を継続しているのだ。だから理想の身体を手に入れた人は常に努力している姿が普段の生活態度にも表れる。その努力がさらに素晴らしい身体を作っていくのだと思う。
 
 ダイエット(減量)というのは目標体重まで減らす事ではなくて、目標体重まで減らしてからが始まりなのだ。食べなきゃ痩せる。運動すれば痩せる。そして痩せてからスタート。そこまで考えてダイエットを考えてみると、リバウンドはしないんじゃないかなと思いますけどどう思いますか。

 日々練成
[ 2018/11/13 19:38 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/2195-68538e82