MAMMUT Albaron Jacket (マムート アルバロンジャケット)

僕が好きなメーカーの一つMAMMUTからAlbaron Jacketを紹介したい。

山を登っていればそのうち欲しくなるのがハードシェルだと思う。これを買うと何となく気分はアルピニスト。
なかなか通常のシチェーションでは使う事は少ないが、着ているだけでその気になるアイテムだ。

ハードシェルはその名の通り厳しい気象条件から身体をプロテクトしてくれる「殻」だ。
故に丈夫さと防水性能、透湿性に特化している事が僕の求める条件になる。

素材はもはやGORETEX以外ありえないかのように各メーカーのフラッグシップはGORETEXを採用している。確かにGORETEXは実績ある素材だしその性能に疑いは無い。しかしGORETEXが世に流通してから30年以上経つ現在、各メーカーも独自の素材を開発、投入しており、その性能差はほぼ無いだろう。
それでもGORETEXが選ばれるのはその圧倒的なネームバリューだ。山用ウェアと言えばGORETEXといってもいい。
GORETEXを使っていないと何か性能が著しく劣るように感じる。
だが実際はそんな事は無く、各メーカー独自素材もGORETEXを上回る数値を持っている。これからは自分の求める性能に合った素材を選ぶべきだろう。

話を戻してAlbaron Jacketだ。
これはMAMMUTのフラッグシップモデルの一つでアイガーXシリーズとは別のラインである。GORETEXプロシェルを採用している。もちろん完全防水。
このジャケットの最大の特徴はその丈夫さだ。プロシェル採用もあるが、軽量で薄いながら非常に丈夫な生地になっている。そしてとてもシンプルな構成。
フロントポケット2つ。インナーポケット1つ。ピットジップ。これだけだ。(もちろんフードと各部にドローコードは付く)

完全防水と高い透湿性を持ち、軽量で薄いながら丈夫な生地。シンプルで使いやすいポケット構成。うれしいピットジップ。

まさに僕が求めているハードシェルだ。
シェルに余計なギミックや小細工はいらない。「殻」としての性能を追求して欲しい。Albaron Jacketはその要求を完全に満たしてくれるウェアなのだ。真っ赤なカラーも情熱的でとても気に入っている。
お値段は75,000円とかなり高いが、海外通販でなら半額で買える。初めて買うハードシェルならこれで間違いない。

MAMMUTはちょっとミーハーで街着としてのイメージもある。しかしハイエンド、フラッグシップになると厳しいアルプスのクライミングを彷彿とさせる精悍なウェアが揃っている。
是非とも海外通販にチャレンジしてこの素晴らしいウェアを着て欲しいと思う。

MAMMUT アルバロン
軽量、丈夫、シンプルと揃った僕の理想のハードシェル。
是非皆さんもどうぞ。
[ 2012/11/08 23:04 ] 装備 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/22-ca47cff2