FC2ブログ






TJAR2018スタートの日に車に撥ねられた話。


 道を走っていると結構な頻度で曲がる方向と逆方向を見ている車のドライバーに遭遇する。
 交差点で右側を見ながら左に曲がったり、逆に左を見ながら右に曲がったり。殆どの場合T字路で大通りに出る場合だ。皆逆方向からの車に注意がほとんど向いていて、曲がる方向は大丈夫との無意識の思い込みがあるのだろう。そういうドライバーに遭遇すると高確率で車と接触しそうになる。
 
 こういったドライバーに対しては自分の存在を知らせても無駄なわけだ。だって見ていないのだから。なのでもうぶつけられないように自分で事前対策を取るしかない。車の進路に入らないように避けるのは当然のこと。しかしこちらをホーミングするように曲がってくる車もいるので油断はならない。
 やはりランナーとしてはドライバーの顔を見ることをおすすめしたい。曲がる方向と逆をみていたりしてこちらを認識していないドライバーは顔をみれば、「あーこっち見てないなー」というのが分るし、そうすれば事前に回避行動を取ることもできる。自分から止まって安全地帯に回避するもよし。大声で声掛けするのもよし。どちらにしても自分から行動しないとドライバーはこちらを認識していないのだから容赦なく突っ込んでくる。

 ランニング中の交通事故は実は結構多い。事故にならずとも重大インシデントは数多く発生している。その多くはドライバーがランナーを認識していなかったことが原因だ。歩道を歩いていても事故にあうので自分から気を付けて避けるしかない。逆に自分がドライバーになったときはランナーにやさしい運転をしたいと思う。

 日々練成
[ 2018/11/22 06:01 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

同感です。走っていると本当にひかれそうになる事多いですよね(;^^A
歩道を走っていてもお店の駐車場などから出てくる車も歩道で一時停止せずに、なかなかのスピードで車道との境界に出てくるので時々びっくりしますね。しかもこちらを見ていない。
気がついていない前提でいないと危ないですよね
[ 2018/11/26 16:00 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> くぼた さん

 いつもありがとうございます。
 歩道はほんとそうですよね!こちらの事を認識していない以上、いくらアピールしても無駄なのでランナーが避けるしかないですね。車道に出る車は一時停止しないとの前提でいっています。お互い気を付けましょう!
[ 2018/12/01 17:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/2203-1729848e