ガレージブランドの話 SAYAMA works ミニマリストウォレット


 近年ガレージブランドが製作したバックパックや小物類が増えている。製作者の設計思想が大胆に反映されているのが特徴であり、大手メーカーでは出来ない使い手の要望に応えた細かなオーダーや、小規模製作ならではのオンリーワンの製品製作なども可能だ。しかしその魅力はやはり作り手の設計思想が反映された製品にあるだろう。

 TJARでも今回は30選手中11人が同じガレージメーカーの製品を使っていることで話題になった。選手は皆体格も違えば走り方や重心も全て違う。それぞれの選手に合わせて細かく調整し、要望を取り入れてストレスなく使えるように作られたバックパックは選手からもとても好評だったと聞いている。

 僕も興味ないわけではないが、オーダーなんてするような激しい山行をするわけでもないのでまだまだ既製品ザックで十分かな、と思っている。 (以前ガレージブランドのkanazawaPACKSさんからお借りしたバックパックがことのほか使い心地が良くて借りパク状態である…kanazawaPACKSさん近いうち返します!)

 先日男澤さんと飲んだ時に、男澤さんがTJAR2018で使っていたガレージブランド、SAYAMA worksさん製作の財布をプレゼントしてもらった。(男澤さん、SAYAMAさんありがとうございます!)
 このSAYAMA worksさんは「人を助ける山道具」が理念で、製作者本人も医療関係者であり、使い手の手助けになるという考えが色濃く反映された道具を製作している。(男澤さん談)

 初めてこういったガレージブランド手作りの製品を手にしてみたが(所有した、という意味)大手メーカーや大量製作、販売ではとても出来ない設計思想の反映や、細かな拘りが所狭しと詰まっている。
 軽さや薄さもさることながら、絶妙な力加減で剥がれるマジックテープ、片手でも操作できるテープの取付け位置。山にはもちろん、普段使いでも十分対応できるカードシースや小銭入れ。小銭を入れた時の厚みで二つ折りにしたときに左右でズレが出ないようにオフセットで縫製されていたりと、そんなとこまで気が付く?という配慮が作り込まれている。シンプルなつくりの中に、こういった機能性だけでなく人に優しいデザインがSAYAMA worksさんの特徴なのだろう。

 僕はガレージブランド信者ではないし、どこのブランドが優れているとか、どこが悪いとか言う気はない。それぞれのブランドにそれぞれの設計思想と理念があり、それらは全て正解なのだ。あとは使う側が自分で選んでいけばいい。だからバックパックはここのブランド。小物入れはここのブランドという風に混ぜて使ったって構わないと思う。それぞれの長所短所を生かして使えばよい。もちろん一つのブランドに拘ってもいいと思う。そういう自由な発想から生まれたのがこういうガレージブランドなのだから。

 今回いただいたミニマリストウォレットは大切に使わせていただきます。ありがとうございます。

 日々練成

fgns (2)
fgns (1)
 シンプルながら機能性と使い手への優しさが詰まった超軽量ウォレット(財布)
ページトップ