FC2ブログ






TJAR2018 スピンオフ番組


 本編とは別に放送されるサイドストーリー的な番組の第三弾が今日放送された。
 見てみたがやはりTJARは後ろの選手ほどドラマがある。余計なナレーション、後付けドラマなんか足さなくても十分に心に響く内容となっていた。特に南ア後半は僕もスイーパーとして関わっていたので見覚えのあるシーンがたくさんだ。あれもほんの一部で前後にはゴールを目指す選手のすさまじいもがきがある。大会最後半になってくると身体の疲労困憊はもちろん、頭の処理能力もガタ落ちして普通なら何でもないことに凄く時間がかかったり、出来なくなったりしてしまう。それを乗り越えてのゴールはとても素晴らしいものだと思う。
 
 あの熱い夏を少しだけ思い出した。もう過去の事だけど、やはり夏は熱いほうがいい。来年はいったいどんなドラマなのだろう。
 TJARを懐かしむうちに、次のTJARがやってくる。

 日々練成

無題
 中野君いい表情
[ 2019/01/25 20:09 ] TJAR2018 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/2267-fe63099a