FC2ブログ






自己防衛


 先日ブルべというサイクルイベントに参加していた男性ロードライダーがトンネル内で後方から軽トラックに追突され亡くなったという痛ましい事故があった。

 このサイクルイベントはブルべと呼ばれ、制限時間内に規定のチェックポイントを経て完走を目指すというもの。コースは公道を使用することがほとんどで、コースも200km以上、中には600kmにも及ぶコースが設定されることがある。公道を走る以上交通事故の危険は当然あるので、反射ベストの着用や後方の赤色灯やライトの装備が義務付けられている。

ブルべに参加するライダーは義務付けられた装備以外にも当然自己防衛は可能な限り行っている。イベントの特性上、夜間に走行する事も多い。ロードバイクが後方から接近する車を避けるのは困難だ。なので後方から接近する車に対していかに自己アピールをするかが大変重要になってくる。

 この事故に遭われたライダーも当然そういった自己アピールはしていたと思われる。しかし追突した車の運転手は「無免許、飲酒(疑い)」であったという。(警察発表)おまけにひき逃げである。追突された自転車は激しく壊れ、事故の激しさを物語っている。
 このように可能な限り自己防衛に努めていても向こうから突っ込んでくる場合はどうしようもない。これを完全に避けるなら自転車に乗って公道を走ってはいけないのだ。しかしそんなことは現実的ではない。

 どんなに自己防衛していても悪意ある行為による事故や、避けられない事による事故は起こってしまう。可能性をゼロにすることは現状不可能だ。ならば自己防衛の手段は全て無駄なのだろうか。それは違う。50の危険性を30に減らすことが出来るならそれはとても意味ある事。ゼロにはできなくとも、可能な限りの自己防衛はすべきだ。危険な遊びをするならリスクを覚悟でやるという事じゃない。リスクは承知で、それを出来る限り減らすというのが自己防衛の意味であると思う。これはロードバイクに限らず、山でも同じだと思う。

 事故に遭われたロードライダーのご冥福をお祈りいたします。
 みんなも自己防衛は可能な限りしましょう。あ、可能であって過剰じゃないぞ!

 日々練成
[ 2019/02/14 18:38 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibirensei.blog.fc2.com/tb.php/2287-0bd9648c